BIGLOBEモバイル導入事例株式会社ミナミテクノ

キーワード
IoT・M2M, コスト削減, モニタリング
導入サービス・製品
モバイル
業種
製造・卸売・小売

スーパーや工場の電力量をリアルタイムで監視。さらに自動制御で電気代を大幅削減

環境や省エネへの意識の高まりから、エネルギーをムダなく有効活用することは企業にとって重要な課題です。オフィスビルでは、節電のために昼休みに消灯したり、室内の空調温度を28℃に設定したりと、さまざまな工夫をしています。しかし電源のオンオフなどの制御は手動によって行われているケースが多く、手間がかかる上、実際に省エネの効果が大きくあるのかどうかが不明瞭でした。

株式会社ミナミテクノが提供するリアルタイム監視システムEMSでは、空調設備や冷蔵機器の温度、電磁弁動作率といったデータをスマートリレー(各基板)からRF機器(920MHz無線中継器)を介して親機に集約し、親機に接続されたモバイルルータからBIGLOBEモバイルの回線を利用してクラウドサーバに送ることで、遠隔地からの監視および自動制御が可能になりました。

パソコンやタブレットを通じて、スーパーの冷蔵庫や冷凍庫の温度や湿度などをリアルタイムで監視している

パソコンやタブレットを通じて、スーパーの冷蔵庫や冷凍庫の温度や湿度などをリアルタイムで監視している

電気量のピークを低く抑えることで電気代を軽減する

実際にリアルタイム監視システムEMSはなにを自動制御しているのでしょうか。
電気を利用する際、電力会社との契約はピーク時の最大電気量をベースに基本使用料が決定する仕組みになっています。つまり、真夏の暑い時期にしか使わない電気量だとしても、最大値が高ければ、それに応じて年間の基本使用料も高くなってしまいます。しかし電源のオンオフのタイミングを少しずつずらして起動すれば、電気量のピークを低く抑えられ、基本使用料も下がり、電気代を大幅に軽減することができます。リアルタイム監視システムEMSは電気量のピークを下げるための自動制御の仕組みも兼ねているのです。

家庭の場合、年に数千円程度のコストでも、工場やスーパーなどの大規模施設では金額が大きく変わってきます。278kwだった月間キロワットがシステム導入後には、212kwへと減り、年間で約150万円のコスト削減を実現させたという事例もあるそうです。

スーパーの冷蔵庫・冷凍庫のモニタリング、自動制御している概要

スーパーの冷蔵庫・冷凍庫のモニタリング、自動制御している概要

例えば、スーパーでは飲料や食料品を最適な状態で保存するために冷蔵庫や冷凍庫を使っています。それぞれの飲料や食料品に応じて最適な温度は違いますが、これまではそれぞれがどういう状態なのかリアルタイムで遠隔監視できませんでした。ましてや、自動制御もできず、知らず知らずのうちに冷やし過ぎなどでムダな電力が発生することもありました。

しかしリアルタイム監視システムEMSを使い、冷蔵庫や冷凍庫のそれぞれの最適温度を設定しておけば、パソコンやタブレットから、機器の状態をリアルタイムで遠隔監視することができます。そして適正温度を超えたり、下回った場合には、自動で電源のオンオフを行うなど、遠隔地から簡単に制御ができるようになりました。

リアルタイム監視のデモをしてくれたミナミテクノのみなさん。自動制御はもちろん、手動でオンオフも可能

リアルタイム監視のデモをしてくれたミナミテクノのみなさん。自動制御はもちろん、手動でオンオフも可能

熱中症対策をリアルタイムで把握する取り組みも

最近では大手建設会社と協力して、ヘルメット内部にセンサーを取り付け、作業者の熱中症対策や位置情報管理に役立てようという実証実験に取り組んでいます。この場合も、ヘルメット内部にはSIMカードが取り付けられ、クラウドにデータを送信しています。

導入の経緯

これまでは別の会社のMVNOのSIMカードを利用していたが、料金が安価だったこと、注文してから届くまでのリードタイムが短いこと、営業が細かく対応したことが評価され、65回線の乗り換えが進んでいます。今後2018年1月までに新たに100拠点でもBIGLOBEの回線を利用する予定です。ミナミテクノは愛知県に本社があるのですが、今後、導入しているお客さまは北海道から九州まで全国にわたり、さらに導入エリアは拡大していくと予想されています。

株式会社ミナミテクノ 吉田 正彦様

株式会社ミナミテクノ
吉田 正彦様

以前、別の会社のSIMカードを利用していた際は、注文しても届くまでに時間がかかり、事前準備が進まないことがありました。またドコモエリアなので、かなり田舎の電波の弱そうな地域でも安定して通信してくれるため、BIGLOBEにしました。追加や修理などその場での新規開通処理もスムーズに行えるので非常に助かっています。
もちろん通信コストは毎月かかるので、価格面も大きな要素なのですが設定や発注管理等に係る手間も各社により差があり、運用する側から見れば重要なところかと思います。

株式会社ミナミテクノ 中野 亜佐美 様

株式会社ミナミテクノ
中野 亜佐美 様

「BIGLOBEモバイル」の導入を2017年4月より開始しました。カバーエリアの広さに助けられ各EMS設置施設のインターネット接続環境を標準化することができました。また月額使用料コストダウンにもつながりました。
弊社のEMSシステムはパソコンの操作に不慣れなお客さまでも簡単な操作で制御画面を閲覧する事が可能です。また瞬時にCSV出力をグラフ表示する事が可能で『電力の見える化』を実感できます。
今後もこの素晴らしいシステムを、たくさんの方にご愛顧いただき『ありがとう』と感謝いただけるようにと願っております。

お客さまのプロフィール

社名

株式会社ミナミテクノ

URL

http://e-mtec.co.jp/

事業内容

空調設備工事の設計・施工
電気・計装工事の設計・施工
各種自動制御盤の設計・製造
空調・衛生・電気の保守・点検
局所排気設備の設計・施工・保守(法定自主点検含む)
省エネ機器の製造・販売

所在地

〒457-0844 名古屋市南区堤町2丁目45番地
TEL.052-692-3565

関連サービス

IoT・M2M向けモバイル通信

法人向けBIGLOBEモバイル回線はIoT・M2M利用に適したグローバルIPアドレス。低速100MBの低容量から上り高速300GBの大容量まで、豊富なプランからお選びいただけ、オプションでモバイル回線用固定IPアドレスをご利用いただけます。通信量の確認やプラン変更はBIGLOBEオフィスサービスの管理者画面で簡単にできます。