イベント・セミナー「CMS見直し」の基礎知識、Web品質と業務・組織をカイゼンする秘訣とは
~Web担当者のすべき仕事、ちゃんとできていますか?Webサイトリニューアルこそ、Web業務の最適化と生産性向上のチャンス!~

2019.07.05

日時 2019年7月5日(金)14:00~16:30
場所 ゲートシティ大崎
導入サービス・製品 CMS

「CMS見直し」の基礎知識、Web品質と業務・組織をカイゼンする秘訣とは

Webの誕生から30年、企業Webにもビジネスへの貢献が強く意識されるいま、Web担当の業務分掌は大きく広がっています。コンテンツマーケティングの実践と成果が求められるのはもちろんのこと、成果を出し続けるためには、自社サイトを適正かつ安定的・効率的に運営維持する“舞台裏(業務や組織、IT)の見直し”も不可欠です。

本セミナーでは、なぜいまCMSを見直す必要があるのか、その理由や背景、そして企業Webに最適なCMSの選び方に至るまで、最新事例やデモンストレーションをまじえ、企業Web全体の品質改善につながる具体的なプラクティスをご紹介します。

※受付を終了いたしました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

開催概要

日時

2019年7月5日(金)14:00~16:30(受付開始13:30より)
⋆申し込み締切はセミナー当日12:00までとなります

場所

ゲートシティ大崎 ウエストタワーB1 ゲートシティホール ルームC
〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目11−1(JR大崎駅 南改札口から徒歩1分)
http://www.gatecity.jp/access/
⋆当日は会場受付まで名刺を1枚ご持参ください。

参加費

無料

定員

50名
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。お早めにお申し込みください。

対象

Webサイトの活用推進・強化を担う広報部門、IT部門、マーケティング部門のご担当者
コーポレートサイトのリニューアルを検討されている企業のWeb担当者
CMSリプレースや新規導入を検討されている企業Webサイト担当者
⋆登壇各社と同業の企業、および個人の方のお申し込みはご遠慮ください。

主催

株式会社ミツエーリンクス

共催

株式会社フレームワークスソフトウェア
ビッグローブ株式会社

※受付を終了いたしました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

セミナーアジェンダ

  1. 企業Webサイト担当者の業務範囲
  2. コンテンツマーケティングの重要性と「運用ファースト」
  3. 「運用ファースト」実現に必要なCMS
  4. Web品質と生産性向上に効くCMS選定のポイント
  5. WebRelease デモと他CMSからの乗換え事例のご紹介
  6. 「運用ファースト」最新導入事例と活用効果(Before/After)
  7. 質疑応答

  • セミナー内容は予告なく変更することがございますので、予めご了承ください。

講師からのメッセージ/セッション内容

株式会社ミツエーリンクス
取締役(CTO)
木達 一仁 氏

第1部
企業Webサイト担当者の業務範囲
コンテンツマーケティングの重要性と「運用ファースト」

私もかつて、セミナー参加者の皆様と同じく、Web担当者(当時流行っていた呼び名で言えば「Webマスター」)の一人でした。セミナー全体の前座として、企業Web担当者の本分とは何か、コンテンツマーケティングとそれを支える基盤としてのオウンドメディアの重要性について、自身の体験談を交えつつお話させていただきます。

株式会社ミツエーリンクス
第一事業部システム本部
第二部マネージャー
榛葉 裕幸 氏

第2部
「運用ファースト」実現に必要なCMS
Web品質と生産性向上に効くCMS選定のポイント

もし大事なことにもっと多くのリソースを使えるとしたら?より簡易にセキュアにできるとしたら? Web担当の皆さまが本来業務に集中し努力せずに自動的にうまくいく仕組み、企業Webの業務・組織の改善につながるCMS/Web基盤選びのポイントをご紹介できればと思います。リニューアルを機にCMS見直しを検討の皆さまの一助となれば幸いです。

株式会社フレームワークスソフトウェア
代表取締役
桝室 裕史 氏

第3部
WebRelease デモと他CMSからの乗換え事例のご紹介

大手企業や金融機関、大学や官公庁など、多くのお客様からご好評いただいているクラウドCMSサービス「BIGLOBE Webホスティング Pattern Style CMS」が、このたび株式会社ミツエーリンクス様よりご提供できることとなりました。本セミナーでは、サービスの最新導入事例や導入効果について解説いたします。

ビッグローブ株式会社
法人事業本部 マネージャー
小山 悟

第4部
「運用ファースト」最新導入事例と活用効果(Before/After)

ビッグローブが提供するクラウドCMSの最新導入事例から、コーポレートサイトのリニューアル事例をピックアップし、持続可能なサイト運用の考え方や取り組み内容、得られた成果(Before/After)について解説します。

セミナー背景

Web担当者のすべきこと、ちゃんとできていますか?

Webの誕生から30年、顧客行動は大きく変化しました。「詳しくはWebで」「続きはWebで」といったフレーズに象徴されるように、いまや消費者行動の起点はWebが主戦場です。企業Webにもビジネスへの貢献が強く意識されるいま、B2B、B2Cをとわず多くの企業が、人も予算もつけて組織としてWeb活用に取り組まれています。

企業のWeb活用をバックステージで支える、Web担当者の仕事と責任はまさに重大です。昨今の企業Web担当には、コンテンツマーケティングの実践と成果が求められるのみならず、企業Web全体の品質管理に責任をもたなければなりません。Webガバナンスやリスクコントロールといった、企業Webを適正かつ安定的・効率的に運営維持することも重要な責務です。

ビジネスとしてWebを活用するには、タッチポイントの見せ方やコンテンツの中身もさることながら、それらを配信し支える「舞台裏(業務や組織、IT)」こそ重要です。舞台裏の仕組みなしに、組織的なコンテンツマーケティングの実践もありませんし、まして成果を出す続けることはできません。

また、舞台裏に目配りができていないと、ビジネスに貢献するどころか、それがリスクとなる時代です。実際に管理されず放置された”野良サイト”や”野良CMS”は深刻な問題です。管理不行き届きのWebサイトが攻撃者に狙われ、さまざまなセキュリティインシデント(サーバ乗っ取り・ボット化、個人情報の漏洩、Web改ざんなど)が発生しています。

Webサイトというユーザの目に見えるフロントステージ(表舞台)の成否は、それを支えるバックステージ(舞台裏)の出来不出来にかかっています。すなわち、Webを運営する業務や組織、それらの実効性を担保するテクノロジーの巧拙が、企業Web全体の品質を大きく左右するのです。

そのため昨今のリニューアルプロジェクトでは、単にユーザの目に見えるWebサイトの改善だけでなく、企業Webを支える舞台裏のカイゼンが重要なテーマとなっています。Webサイトリニューアルを絶好機として、Web業務の見直し、組織の最適化、そしてそれらの実効性をテクノロジーで担保すべく、CMSやWebホスティングの現代化(ITモダナイゼーション)に取り組む事例が増えています。

本セミナーでは、なぜいまCMSやWebホスティングを見直す必要があるのか、その理由や背景、そして企業Webに最適なCMSの選び方に至るまで、最新事例やデモンストレーションをまじえ、企業Web全体の品質改善につながる具体的なプラクティスをご紹介します。

また、国内トップクラスの導入実績を誇るCMS「WebRelease」のデモンストレーションや、ビッグローブが提供するクラウドCMSの導入事例のご紹介、構築から運用までを一貫して支援するミツエーリンクスのアプローチをご紹介します。

ご多用とは存じますが、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

WebRelease
WebReleaseは、株式会社フレームワークスソフトウェアが開発した国産の企業向け商用CMSです。企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能をパッケージソフトウェアでご提供します。2000年7月の出荷開始以来、大手メーカーや金融機関、官公庁や大学など、800社を超えるお客様に採用されています。

※受付を終了いたしました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

本セミナーに関するお問い合わせ

ビッグローブ株式会社 法人事業本部 セミナー担当

050-1748-7229(平日9:00~12:00、13:00~17:00)