BIGLOBEクラウドホスティング業務システムのクラウド化ならビッグローブ

業務システムのクラウド化ならビッグローブ

BCP対策や本社と支店でのシステム共有のため、業務システムをクラウド化するお客さまが増えています。BIGLOBEクラウドホスティングは主な各業務パッケージソフトベンダの動作確認済みのクラウドサーバです。月額固定料金でご利用いただけます。オンプレミスの「奉行シリーズ」「PCAシリーズ」「大臣シリーズ」「弥生シリーズ」「Time Pro-NX」などの業務パッケージソフトをクラウド環境へスムーズに導入・移行いただけるように、あらかじめ必要なソフトウェアのインストールや設定をした「業務サーバパック®」を提供し、クラウド化を支援します。

こんな方におすすめです

オンプレの使い勝手はそのままクラウド化したい

オンプレの使い勝手は
そのままクラウド化したい

ビッグローブのクラウドホスティングならオンプレの環境をクラウドに再現できます。

外出先からセキュアにアクセスしたい

外出先からセキュアに
アクセスしたい

追加オプションでVPNでの導入ができます。また、ファイアウォールも利用できます。

月額費用を抑えたい

月額費用を抑えたい

初期費用無料。さらにネットワーク転送料やプライベートLANが無料。データ転送量による課金がなく、月額費用が固定で予算がたてやすいのがメリットです。

「業務サーバパック®」が選ばれる5つの理由

1.「意思決定」「サーバ構築」にかかる時間を短縮できる!

業務パッケージソフトの導入に必要なマイクロソフト社のライセンス(リモートデスクトップサービス(RDS)、Microsoft Office Standard、Microsoft SQL Server)をクラウドのサーバと一緒に提供しています。
主要な業務パッケージソフトのメーカーによる動作確認済みなので、お客さまは導入したい業務パッケージソフトを準備するだけでご利用いただけます。例えば、奉行シリーズ(パッケージソフト)用途では、導入実績5年連続No1*の国産クラウドです。

  • 2021年7月末時点 OBC社調べ
「業務サーバパック for 奉行シリーズ SC5」の例
  • サーバご利用料金に、Windows Server OSライセンス料金が含まれています。お客さまにてCALを購入頂く必要はありません。Windows Server OSのライセンスについてはマイクロソフト社のライセンスアグリーメント(SPLA)ページに 記載されている全ての条項が適用されます。なお、保守メンテナンス用に、リモートデスクトップでの同時接続数2台まで接続できます。

事例1:サーバの要件定義「意思決定にかかる時間的コストを大幅に削減」
事例2:サーバの作成から奉行シリーズのインストールは、1日で終わりました。

2.「オフィスから」でも「在宅勤務から」でもアクセスできる

BIGLOBEクラウドホスティングはインターネット経由でご利用いただきます。インターネットがつながる場所なら同じシステムの共有ができ、設定、購入もWeb画面から簡単に操作いただけます。

・不正なアクセスをさせない(ファイアウォール、VPN)

固定IPアドレスをお持ちのお客さまの事務所からのアクセスする場合、ファイアウォール(アクセス元IPアドレス指定ができます)をご用意しています。固定IPアドレスのない外出先やご自宅からのアクセス(テレワーク)する場合、VPNをご用意しています。
また、クラウドのサーバに対して不正なアクセスをさせないセキュリティもご提供しています。

不正なアクセスをさせない(ファイアウォール、VPN)

・データを守る(遠隔地バックアップ)

万が一、ランサムウェアなどによって不正アクセスされてしまった場合、データだけは遠隔地にバックアップしておく(複数世代バックアップも可能)メニューもあります。

BIGLOBEクラウドバックアップ
  • 「Active Protection」という機能を設定する(追加費用なし)とランサムウェアがファイルの暗号化を始めると、すぐにランサムウェアの振舞いを検出します。(検出したプロセスを停止、なども設定可能)

・ウイルス駆除(アンチウイルスソフト)

ウイルスソフトに感染した場合、駆除するためのアンチウイルスソフトも一緒にご提供しています。

クラウド型ウィルス対策ソフトウェア エフセキュア
  • アンチウイルスソフトは、お客さまご自身が別途ご用意される場合と、ビッグローブのサーバといっしょに購入できるソフトをご利用される場合があります。

3.必要な分だけ最小限のコストで明朗会計!

・「データ転送量による課金」はありません。ご利用されるサーバリソース分の料金を 「月額固定料金」で提供します。また、海外クラウドのような「為替変動による料金の変動」もなく、予算化しやすい料金です。(料金のイメージは下記の図の通りです。)

Amazon AWS, Microsoft Azureとビッグローブの比較表


・「CPUだけ増やしたい、メモリだけ増やしたい」といったリソース単位での拡張が可能です。「CPUを増やすと、一緒にメモリも増やさないといけない」といったことはなく必要なリソースの分だけご利用いただけます。

BIGLOBEクラウドホスティングのサーバ1台あたりのスペック上限は、CPUは最大8vCPU *1、メモリは最大64GB *2です。*3

  • 1 3vCPU、5vCPU、7vCPUの割当は提供しません。1vCPU、2vCPU、4vCPU、6vCPU、8vCPUとなります。
  • 2 8GBまでは+1GBずつ変更可能、8GB以上は+4GBずつ変更可能です。
  • 3 サーバのOS(Windows Server のバージョンによる上限制限)やミドルウェア(SQL Serverコア版のプリセットサーバ)によってスペック上限が異なる場合があります。例:SQL Serverコア版のプリセットサーバはCPUは最大4vCPUまでです。

4.自由度UP!SaaS以外のアプリやプログラムもクラウド化できる

もし「業務パッケージソフト」を提供しているソフトメーカーが、独自のSaaSを提供(ソフトとクラウドを一緒に提供)している場合であっても、すべてのソフトや機能がSaaS対応しているとは限りません。

ご利用いただいている「業務パッケージソフト」をそのままクラウドに移行できるので、SaaSではなく「業務パッケージソフト」でしかできない機能があれば、BIGLOBEクラウドホスティングをご活用ください。使い勝手はそのままに、同じ操作感でご利用いただけます。
例えば、ワイン販売のお客さまの事例(導入事例参照)であれば、ロットごとのお取り置き対応、回転率を出すプログラムなどのカスタマイズは、SaaS版では対応できないため、BIGLOBEクラウドホスティングが採用されています。

・事例:SaaSでは対応できないカスタマイズを一緒にクラウド化

SaaS以外のアプリやプログラムもクラウド化できる

5.クラウドに関するパートナー企業の最新情報もメディアで紹介

ビッグローブはインターネットのメディア事業も手掛けております。そのノウハウを活用して、BIGLOBEクラウドホスティングの最新情報を、広報、Webサイト、ブログ、SNS(facebookTwitter)、メルマガなどを使って配信しています。BIGLOBEクラウドホスティング上での動作確認にご協力いただいたソフトメーカーの「業務パッケージソフト」についても、順次ご紹介しています。

ブログ、facebook、Twitter

「業務サーバパック®」が
あなたの業務システムのクラウド化をサポートします

お客さまにて個別にガイドラインを確認いただく手間や費用を軽減して、業務システムがクラウド化できます。
Microsoft officeやSQL Serverなどのライセンスもインストール済みのため、手配する必要はありません。

業務サーバパック®

Microsoft OfficeやSQL Serverなどのライセンスもインストール済みのため、お客さまで手配する必要がありません。

業務サーバパック®
  • リモートデスクトップ
  • SQL Server*
  • Microsoft Office*

モデルにより異なります。

対応している主な業務システム

対応している主な業務システム
対応している主な業務システム

別途、業務システムの製品価格のお支払いが必要となります。

  • 株式会社オービックビジネスコンサルタント、ピー・シー・エー株式会社、応研株式会社、アマノ株式会社、弥生株式会社の動作確認済クラウドサービスです。

各業務システムに対応する「業務サーバパック®」をクラウドアプリストアからご購入いただけます。

サーバの見積りや構築ベンダをご紹介します。
業務システムのクラウド化をご希望の方は、
BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

BIGLOBE奉行クラウド

BIGLOBE奉行クラウド

BIGLOBEクラウドホスティングは、国産クラウドで一番最初に動作保証対象クラウドに選ばれています。また、OBCの公式対応パブリッククラウドとして、国産クラウドで一番最初にWindows Server2016にも対応しました。
「奉行が動作するクラウド環境実績」(2019年7月末までの実績:OBC調べ)にて、おかげさまで国産クラウドで3年連続導入実績No.1になりました。

BIGLOBE 弥生クラウド

BIGLOBE 弥生クラウド

弥生社によるメーカー動作確認済みパブリッククラウドに選ばれています。
BIGLOBEクラウドホスティングは、財務会計ソフトの「弥生会計20 ネットワーク」、販売管理システムの「弥生販売20 ネットワーク」で動作確認済みです。

PCA DX、PCA hyper

PCA DX、PCA hyper

PCA社によるメーカー動作確認済みパブリッククラウドに選ばれています。
BIGLOBEクラウドホスティングは、財務会計ソフトの「PCA会計DX」だけでなく、販売管理システムの「PCA商魂DX」、給与計算システムの「PCA給与DX」、財団法人・社団法人向けの「PCA公益法人会計DX」、基幹業務システム「PCA hyper」などでも動作確認済みです。

BIGLOBE 大臣クラウド

BIGLOBE 大臣クラウド

応研株式会社によるメーカー動作確認済みパブリッククラウドに選ばれています。
BIGLOBEクラウドホスティングは、財務会計ソフトの「大蔵大臣NXシリーズ」だけでなく、業種別テンプレートが用意されている売上・仕入・在庫管理の「販売大臣NXシリーズ」、得意先情報の管理、アフターサービス業務管理ができる「顧客大臣NXシリーズ」、平成24年 社会福祉法人新会計基準に対応した「福祉大臣NXシリーズ」などでも動作確認済みです。

TimePro-NX、TimePro-VG クラウド

TimePro-NX、TimePro-VG クラウド

アマノ社によるメーカー動作確認済みパブリッククラウドに選ばれています。
BIGLOBEクラウドホスティングは、「TimePro-NX」「TimePro-VG」の動作確認済みクラウドです。

  • アマノ社の公式対応パブリッククラウドとして、国産クラウドで一番最初に対応しました。
  • TimePro-NX のWeb届出ワークフローオプションに対応したモデルも提供しています。

料金構成例:PCAシリーズの場合

ファイアウォールパターン

ユーザ3名で
ご利用の場合
31,550円(税別)/月 初期費用0円

  • 業務サーバパック for PCAシリーズ SB6
  • リソース追加:+1vCPU、+2GBメモリ
  • 追加2ライセンス
    (RDS + SQL Server)
  • ファイアウォール

VPNパターン

ユーザ3名で
ご利用の場合
41,550円(税別)/月 初期費用27,000円(税別)

  • 業務サーバパック for PCAシリーズ SB6
  • リソース追加:+1vCPU、+2GBメモリ
  • 追加2ライセンス
    (RDS + SQL Server)
  • BIGLOBEクラウド VPN3 V-Client

「BIGLOBEクラウド VPN3 V-Client」の最低利用期間は1年です。
1年未満で解約される場合は、残月数×月額分の解約費用がかかります。

オンプレのPCAデータをバックアップBIGLOBEクラウドバックアップ

1,000円(税別)/月〜 初期費用0円(税別)

  • 10GB
    1,000円(税別)/月
  • 100GB
    4,000円(税別)/月
  • 500GB
    15,000円(税別)/月

BIGLOBEクラウドホスティングのサーバもバックアップ対象にできます。

業務システムクラウド化プロジェクトの流れ

  1. 計画の提案・見積もり提示

    計画の提案・
    見積もり提示

  2. 社内稟議

    社内稟議

  3. 契約

    契約

  4. サーバ構築・パッケージ導入

    サーバ構築・
    パッケージ導入

  5. データ移行

    データ移行

  6. カットオーバー

    カットオーバー

  7. アフターフォロー

    アフター
    フォロー

業務システムのクラウド化をご検討の方、 サーバの見積り、構築ベンダをご紹介します。

業務システムのクラウド化をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダをご紹介します。

業務システムのクラウド化をご検討の際は、 まずはBIGLOBE法人コンタクトセンターにご相談ください。ビッグローブ指定の構築パートナーをご紹介いたします。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

機能一覧や活用例などの資料をダウンロードできます。