BIGLOBEクラウドホスティングよくあるご質問

Q. 動的ポートを利用するプロトコルを利用する場合、ファイアウォールの設定で気をつけることはありますか。

A. ファイアウォールでは、FTPサービス、MS-RPCサービスのみステートフルインスペクションが有効となります。

その他のサービスで動的ポートを利用される場合、明示的に必要なポートを許可していただく必要があります。
FTPサービス、MS-RPCサービスは、以下の手順でルールを作成することによりステートフルインスペクション機能が有効となります。

  • FTPサービス 
     コントロールパネルのファイアウォール設定画面
      プロトコル>サービスにて指定する場合
       ・FTP(21/tcp)
  • MS-RPCサービス
     コントロールパネルのファイアウォール設定画面
      プロトコル>ポート番号にて指定する場合
       ・135/tcp →  MS-RPC/tcp
       ・135/udp →  MS-RPC/udp
  • ポート番号を範囲指定した場合は、ステートフルインスペクションが有効となりません。ご注意ください。
  • この記事の内容は2016年5月11日以降に実施されたファイアウォール基盤のリニューアルに伴うものです。
    ご不明点がございましたら、BIGLOBE法人コンタクトセンタ(0120-20-5644)までお問い合わせください。

お見積もり・お問い合わせはお気軽にどうぞ

どんな小さなことでもていねいにお答えします。お気軽にお問い合わせください。