BIGLOBEクラウドストレージよくあるご質問

Q. 削除や移動の操作は行っていないのに、フォルダやファイルが消えてしまいました。

A. フォルダやファイルの隠しファイル属性がONになっている可能性があります。

ご自身で隠しファイルにした覚えがなくても、意図せず隠しファイルにしてしまったり、フォルダを共有している別の方が隠しファイルにしてしまった可能性があります。

クライアントAP経由で対象のフォルダやファイルを右クリックし、「プロパティ」を表示します。「全般」タブの「属性:隠しファイル」にチェックが入っていると、そのフォルダやファイルはブラウザ上では表示されません。

(隠しファイルをクライアントAP上で表示させるためには、メニューの「ツール」-「フォルダオプション」-「表示」タブ-「詳細設定」にある、「すべて のファイルとフォルダを表示する」にチェックをする必要があります。隠しファイル属性が設定されているフォルダやファイルは、アイコンが半透明となりま す。)

ブラウザ上で対象のフォルダやファイルを表示させるためには、クライアントAP経由で隠しファイル属性のチェックを外してください。 また、Windows XP以降では隠しファイルとシステムファイルの属性がつくと「スーパー隠しファイル」となりフォルダオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェックした上で、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外さないと表示されません。 以下の操作をお願いいたします。

1.該当フォルダが存在するはずの階層にて、フォルダオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェックした上で、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。

2.対象のフォルダ/ファイルが表示されたら、対象フォルダ/ファイルの「隠しファイル」属性を外す。