BIGLOBEモバイル  IoT・M2M はたらくクルマの中に BIGLOBEモバイル  IoT・M2M はたらくクルマの中に

クルマの新しい運用を一緒に

ビジネスでクルマを運用する場合、企業として法令順守に対する徹底した取り組みが求められています。
クルマ自体の管理はもちろん、従業員の身を守るための運転指導・健康チェックや新たに義務化されたアルコールチェック、従業員の作業効率化による満足度向上まで、企業として考えることは山積みです。
BIGLOBEモバイルを使って、ビジネスで活躍するクルマを安心・安全、かつ効率的に運用できる環境にしませんか?

安心・安全、生産性を向上するための
取り組みが広がってきています

安心のためのコンプライアンス強化

安心のためのコンプライアンス強化

管理ご担当の方が点呼を正しく行うことは違反防止だけでなく、従業員の事故防止にもつながります。ただし、点呼する項目は、従業員自身の酒気帯びの有無、疲労・睡眠不足から車両自体の日常点検状況までと幅広く、正しく点呼を実施し続けることが管理ご担当の方の負担になる可能性があります。
IoTの技術を活用することで、従業員の健康状態やアルコール摂取が原因の事故を未然に防ぎ、さらには点呼記録が自動的に記録されコンプライアンス強化にもつながっていきます。

安全運転への取り組み強化

安全運転への取り組み強化

ヒヤリハットが発生したタイミングの映像をピンポイントで確認、さらに、従業員の日々の運転習慣も記録・数値化が可能になります。安全運転への近道は、自分自身で運転習慣を客観的に振り替えるコトです。記録されたデータの活用ができれば、従業員の運転指導や安全運転の意識向上にもにつながっていきます。
もしもの事故リスクから従業員を守ることは、企業の経営を守ることにもなるのです。

生産性向上とコスト削減の強化

生産性向上とコスト削減の強化

交通事故を起こしたことによる企業の金銭的なダメージは計り知れません。たとえば、車の燃費が悪くなってしまう運転方法として最も知られている急加速や急停車。従業員の負荷軽減や安全運転の取り組みをすることで、事故件数が減り、保険料のコスト削減だけではなく、燃費効率の向上と燃費料の削減にもつながっていきます。
また、 運行経路を正確に把握できれば、効率の良い配送・配車計画がたてられ、従業員あたりの生産性が向上する可能性もあります。リスクの削減や現状を把握することは、コストの削減にもなるのです。

お問い合わせはこちら

ご不明な点がございましたら、
お気軽にご相談ください。

特典・ピックアップ情報

BIGLOBEモバイル データSIM全プラン初期費用0円特典
BIGLOBEモバイル 上り高速プランの月額費用値引き特典
オンライン相談会

3分でわかるお役立ち資料

3分でわかる!BIGLOBEモバイル IoT・M2M編

3分でわかる!BIGLOBEモバイル
IoT・M2M編

BIGLOBEモバイルのIoT・M2Mサービスを3分で手軽に理解いただける資料です。はじめての方にもわかりやすくご説明します。

3分でわかる!BIGLOBEモバイル データSIM編

3分でわかる!BIGLOBEモバイル
データSIM編

BIGLOBEモバイルのデータSIMサービスを3分で手軽に理解いただける資料です。はじめての方にもわかりやすくご説明します。

導入事例

日本パレットレンタル株式会社

日本パレットレンタル株式会社

年間出荷枚数4,500万枚弱という膨大な数のパレットの管理運用は長年、「複写式の紙伝票」で行われていました。伝…

株式会社日陸

株式会社日陸

化粧品や医薬品の原料から毒劇物、高圧ガス、食品原材料までを扱う物流におけるリーディングカンパニー、株式会社日陸…

株式会社Sassor

株式会社Sassor

2011年3月11日、東日本大震災発生。広い範囲でインフラが破壊され、特に原子力発電所の事故をきっかけに多くの…

みなとタクシーグループ

みなとタクシーグループ

2000年代に入り都市部を中心にタクシーが急増し、タクシー事業者に割り当てられる無線の周波数がひっ迫するように…

こんなトコロでIoT・M2M

BIGLOBEモバイル  IoT・M2M はたらくクルマの中に

はたらくクルマに

従業員の安全、クルマの新しい運用・管理方法にIoT・M2Mの技術が活躍しています。

BIGLOBEモバイル  IoT・M2M みんなが暮らす街の中に

みんなが暮らす街の中に

IoT・M2M技術を使って、人をつなぎ便利で安心な暮らしが広がっています。

BIGLOBEモバイル  IoT・M2M モノづくりの現場に

モノづくりの現場に

作業効率化・品質向上はもちろん、作業員の安全をIoT・M2Mの技術で支えます。

IoT・M2M活用が期待される分野をピックアップ

お問い合わせはこちら

ご不明な点がございましたら、
お気軽にご相談ください。