コラム・活用事例Web担当者に知ってほしい
Webサイトのリニューアルのポイント

キーワード Webサーバ
導入サービス・製品 CMS

Webサイトのリニューアルの重要性

自社のWebサイトについて、「デザインが古い」「ごちゃごちゃして見づらい」など、現状に不満を感じているWeb担当者も多くいるかと思います。Webサイトが古いままでは会社も古臭い印象を与えてしまい、見づらいと読む気すらなくしてしまうでしょう。自社のWebサイトは、会社を映す鏡とも言えるほど重要な広告媒体です。優秀な人材を確保するためにも、取引先を拡大するためにも、古いWebサイトはリニューアルすることが望ましいと言えます。今回は、Webサイトのリニューアルの流れや気を付けなければならないポイントなどについてご紹介します。

Webサイトのリニューアルの流れ

Webサイトのリニューアルの流れ

現状分析

Webサイトのリニューアルには、事前の準備が欠かせません。まずは現状分析として、自社の状況(経営課題など)、競合他社の状況、顧客の状況などを整理します。次に、自社の「課題」について整理しましょう。会社の認知度を上げたいのか、商品やサービスの売り上げを上げたいのか、「何のために」Webサイトのリニューアルを行うのかをまとめます。その後、具体的な予算や担当者、スケジュールなどを決めて「計画書」を作成します。

要件定義・設計

準備が終わり「どのようなWebサイトにするのか」要件を決めていきます。Webサイトのレイアウトやデザイン、コンテンツの形(文章・画像・動画など)とその内容についてもある程度決めておきましょう。特に、動画コンテンツを作るためには、それなりに時間がかかります。将来的にコンテンツを追加する予定であれば、追加を想定した設計にしておかなければなりません。

デザイン・制作

設計が終われば、いよいよ制作開始です。動画コンテンツの撮影や写真撮影をする必要もあるでしょう。Webサイトのページを用意し、文章を書き、画像の設定といった作業を行います。また、場合によってはシステム面での調整も必要です。

最終確認・運用開始

Webサイトの作成後、コンテンツが反映されているか、リンクが正しいかなどをチェックします。内容やデザインの崩れ、誤字・脱字などがあれば修正しなければなりません。また、サイトは一度作ればそれで終わりというものではなく、定期的に更新したり、修正したりする必要があります。そのため、誰が何を担当するかという「運用体制」についてもしっかりと整備しておきましょう。

Webサイトのリニューアルでは事前準備が大切

Webサイトのリニューアルでは事前準備が大切

Webサイトのリニューアルにおいてもっとも注意すべき点は「準備をおろそかにしてはいけない」ということです。スピードを重視するあまり、目的やイメージがあいまいなままプロジェクトを進めたりするのは失敗の原因です。準備段階では、その先の設計や制作の土台を作るために内容と期日を明確に決めておく必要があります。土台がしっかりしていないと上物を積み上げることはできません。最悪の場合、Webサイトのリニューアルのプロジェクトがストップしてしまいます。そうならないようにするには、自社の課題をしっかり洗い出し、「誰が」「いつまでに」「何をやるか」などを具体的に決めておくことは肝心なのです。

また、予算と人材を確保し、完成後の維持管理方法などについても事前に考えておきましょう。リニューアル後の維持管理やコンテンツ修正・追加について、外部事業者に委託するのか、社内リソースで対応するのかについても検討する必要があるでしょう。社内で対応する場合、誰でもが簡便にコンテンツを追加・修正できるようなシステムの選定など、準備段階でしっかりと検討しておきましょう。

リニューアルの失敗例

リニューアルの失敗例

Webサイトのリニューアルでは、結果的に「アクセスが伸びなかった」「売り上げにつながらなかった」など、当初の目的を達成できずに失敗することもあります。ただ、失敗には原因があるものです。実際にWebサイトのリニューアルを行ったものの、上手くいかなかったケースとその原因をご紹介します。

目的や目標が不明確

事前の準備をおろそかにして、リニューアルのプロジェクトだけが先行した場合に起こりうる失敗例です。「とにかくWebサイトをリニューアルして気分を変えたい」というように、リニューアルの目的や目標が明確ではない場合は、準備段階でその部分を時間をかけて突き詰める必要があります。目的や目標があいまいな状態で進めてしまうと、ただWebサイトの見た目などがリニューアルされただけで終わる可能性があります。

個人的な好みで決めたデザイン

ワンマン社長や発言力の強い役員などが主導している企業で起こりやすいのが、デザインなどを個人的な好みでいろいろ決めてしまうパターンです。例えば、ターゲットが明確であれば、ターゲットが好むデザイン(カラーや画像など)や、ターゲットに伝わりやすい文章(文体や長さなど)にする必要があります。個人の意見に左右されてしまうと失敗する可能性が高くなり、Webサイトのリニューアルによる本質的な目的を見失うおそれがあります。

委託業者に丸投げ

コンテンツの準備やページの制作は手間がかかるので、Webサイトのリニューアルを請け負う業者に委託することは珍しくありません。ただ、社内から上がっている不満や課題は、社員が委託業者に伝えないと分かりません。委託業者に丸投げした場合、委託業者側の判断で進めることになりかねないので、打ち合わせを十分にしておかないと失敗の原因となります。

Web制作の事業者は、リニューアルの知識や知見が豊富なので、アドバイスを受けながら計画を進めていくことで成功に近づきます。経営課題や目的など自社で検討する部分をしっかりと固めて、委託業者と綿密な打ち合わせを重ねることが、効率的で安定したWebサイト運営につながります。

信頼できる企業と力を合わせる

Webサイトのリニューアルは、少なからず費用がかかります。リニューアルに失敗した場合、大きな損害を被ることになりかねません。そうならないためにも、紹介したポイントや注意点に気をつけながら万全の体制で臨みましょう。自社のWebサイトの重要性が増している現在、リニューアルに際してさまざまな検討事項が生じます。また、予算やスケジュールなどリニューアルの担当者は多くの課題に直面するでしょう。準備、制作、運用まで一貫して対応してくれるような専門業者に相談してみるのも効果的と言えるでしょう。

Webサイトのリニューアルをするなら
「Pattern Style CMS」

ビッグローブの提供する「Pattern Style CMS」は、安定運用のBIGLOBEマネージド型ホスティングサービスと国産CMS「WebRelease 2」がセットになったクラウド型CMSです。設計・制作だけでなく、インフラ環境の構築から運用・保守までセットで提供しています。導入前と導入後のサポートはもちろん、セキュリティ対策もお任せください。お客さまのビジネスをより強力に支援するWebサイトのリニューアルと快適かつ安定したインフラ環境の実現に貢献します。

ビッグローブ 法人編集部

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

Pattern Style CMSについて、お気軽にお問い合わせください。お気軽にお問い合わせください。