コラム・活用事例仕事で使う光回線が快適になる
IPv6(IPoE方式)接続とは?

導入サービス・製品 ビッグローブ光

光回線でよく聞く「IPv6」とは?

IP(インターネットプロトコル)はネットワークを相互に接続し、その中にデータを中継・伝送して大きなネットワークを作るための通信規約のひとつです。IPアドレスはインターネットを利用するうえでの住所のようなもので、インターネットを利用する人が増えるほどIPアドレスも必要になります。

現在、多く使われているIPv4の場合、払い出せるIPアドレスは約43億個といわれ、すでにIPアドレスの在庫が枯渇しています。新規にIPアドレスが発行できなくなれば、新しい機器をインターネットにつなげないなど、ネットワーク拡大に支障がでます。また、結果的にインターネットの速度低下にもつながります。そこで登場したのがIPv6です。IPv6が割り振れるIPアドレスの数は約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個と膨大で次世代のプロトコルとして注目されています。

IPv6が割り振れるIPアドレスの数は約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個

光回線をIPv6接続にするメリット

IPv6(IPoE方式)接続は混雑を避けた回線だからスイスイ

メリットの1つ目はインターネットの通信速度が快適になるという点です。IPv6ならどんな方式でも通信速度が快適になるわけではなく、大切なのは「IPoE方式」であるということ。IPv4ではPPPoE方式しか使えませんが、IPv6はPPPoE方式に加えIPoE方式が使えます。

PPPoE方式

IPoE方式

対応IP

IPv4、IPv6

IPv6

利用者

非常に多い

少ない

説明

PPP over Ethernetの略で電話回線を前提としたルール、Point-to-Point ProtocolをEthernetへ応用しインターネットに接続する方法。電話回線を前提としているため、利用者側でルータや専用の通信機器を設置したうえで、インターネットに接続する必要があります。
通信のボトルネックになるISP相互接続点(POI)を経由するから混雑

IP over Ethernetの略で企業内のLANと同じ通信規格であるEthernetで直接インターネットに接続する方法。PPPoE接続と異なる帯域幅の広い通信網や通信設備を経由してインターネット接続するため、帯域幅の狭いPPPoE接続に比べインターネット回線の混雑を回避できます。
通信のボトルネックになるISP相互接続点(POI)を経由しないから快適

PPPoE方式は、通信のボトルネックになるISP相互接続点(POI)を経由する必要がありますが、IPoE方式はISP相互接続点(POI)を経由する必要がなくインターネットが利用できます。

つまりIPv6(IPoE方式)接続は、
・IPv4に比べ利用者がまだ少ないため回線が混雑しないこと
・通信のボトルネックになるISP相互接続点(POI)を通らないこと

という2点によって快適なインターネットを実現しています。

PPPoE方式はアクセス集中するPOIを通るため速度が低下。IPoE方式は混雑するPOIを通らなくなるので快適

IPv6をビジネス利用することのデメリット

IPv4に比べさまざまなメリットがあるIPv6。しかしデメリットもあります。

IPv6に対応している機器やサービスしか使えない

IPv4にしか対応していないネットワーク機器やサービスでは、IPv6は使えません。IPv6に対応していないサービスの例として、固定IPやDNS、VPNサービス、特定ポートを使用するサービス、複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービス、外部へのサーバ公開があげられます。プロバイダ自体がIPv6に対応していてもIPoE接続が使えない場合もあり、その際にはプロバイダの変更も検討しなくてはなりません。

IPv4との互換性がないため、個別の通信設計が必要になる

IPv6とIPv4は互換性がないためIPv6に移行する際に新たに個別の通信設計が必要になります。特にセキュリティ面では、正しく設定を行わないと、IPv4よりもかえってレベルが落ちてしまうといったこともあります。

IPv6接続の光回線にするなら事前に
対応サービスとプロバイダを確認しよう

IPv6接続にするだけで高速のインターネット接続が実現すると考えている方は多いのではないでしょうか。しかしIPv6接続にしたとしても、従来のPPPoE方式であれば、速度はこれまでのIPv4接続と変わりません。重要なのはIPoE方式のIPv6接続に対応したサービスを提供しているプロバイダを選択することです。

法人ビッグローブ光はIPv6(IPoE方式)接続。
だから遅くて困っていた法人にもおすすめ

IPv6対応無線LANルータプレゼント

法人向けビッグローブ光はIPv6(IPoE方式)接続対応。さらにIPv6(IPoE方式)接続に必要なルータをプレゼントしています。もし自社のインターネット環境の見直しを検討しているのであれば、IPv6への移行もあわせて検討されてみてはいかがでしょう。現在フレッツ光回線をご利用の方も他社コラボ光回線をご利用の方も工事不要*1で乗り換えができます。さらにフレッツ光からの乗り換えなら、月額費用が安くなることも。

Webで料金シミュレーションができ、見積り書もPDFでその場で発行できます。ぜひ現在の光回線の月額費用と比べてみてください。

  • 1 転用に伴い回線種類を変更する場合(品目変更)工事費がかかります。
  • 特典の詳細、適用条件は特典ページをご確認ください。

ビッグローブ 法人編集部