コラム・活用事例インターネット回線の種類を比較。
契約方法もわかりやすく解説

キーワード ルータ, インフラ強化
導入サービス・製品 ビッグローブ光, フレッツ光, モバイル
インターネット回線の種類を比較。契約方法もわかりやすく解説

インターネット回線を契約するとき、どんな種類があってどれを選べばいいのか悩みますよね。今回は、そんな方に向けてインターネット回線の種類とそれぞれの特徴、インターネット回線の選び方をわかりやすく解説します。また契約方法についてもご紹介します。

目次
インターネット回線の種類にはどんなものがある?
インターネット回線の選び方
インターネット回線の契約手順
おすすめのインターネット回線は?

インターネット回線の種類には
どんなものがある?

インターネット回線には大きく分けて、固定回線とモバイル回線があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

固定回線

固定回線

固定回線の代表といえば光回線。高速で安定した通信と通信量に制限がないのが魅力です。なかでもフレッツ光が有名で、ほかにビッグローブ光をはじめとする「光コラボ」と呼ばれるものがあります。「光コラボ」とは光コラボレーション事業者がNTT東西から光回線を借り受けサービスを提供するもので、月額料金の安さやお得な特典で人気があります。
フレッツ光や光コラボはNTT系の光回線なのに対して、NTT系以外の光回線にはKDDIが提供する「auひかり」やSo-netが提供する「NURO光」があります。

NTT系/NTT系以外

種類

特徴

NTT系の光回線

フレッツ光

日本全国の広いエリアで利用可能。光回線の契約はNTT東西、プロバイダは別途契約が必要。契約や請求書が別々に分かれる。

光コラボ

NTT東西のフレッツ光と同じエリアで使える。ビッグローブ光やSo-net 光、OCN光などがある。光回線とプロバイダ契約がセットになっていて契約や請求書を1本化できる。

NTT系以外の光回線

auひかり、NURO光

自社で独自の回線を持ちサービスを提供。NTT系の光回線よりエリアは狭い。

モバイル回線

モバイル回線

モバイル回線は固定回線に比べて回線速度や安定性は劣るものの、屋外でも使えるという利便性があります。また工事不要でインターネット回線が利用でき、利用開始までが早いのが特長です。UQモバイルが提供する「WiMAX 2+」やワイモバイルが提供する「Pocket WiFi」のほか、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアもサービスを提供しています。BIGLOBEモバイルなどの「格安SIM」もモバイル回線として利用できます。プランによっては通信量に制限が設けられているものがあります。

インターネット回線の選び方

インターネット回線の選び方

インターネット回線を引く場合、まずは固定回線とモバイル回線のどちらを引くか決めましょう。悩んだときは、以下の表を参考にしてみてください。

光回線がおすすめの人

・室内や決まった場所でしか使わない
・速くて安定した回線がほしい
・通信容量に制限のない回線がほしい
・当分移転の予定はない

モバイル回線がおすすめの人

・屋内・屋外の両方で使いたい
・月額料金を抑えたい
・通信容量は少なめ
・1日でも早く利用開始したい
・携帯電話のエリア内だが光回線はエリア外だ
・近々移転の予定がある

光回線とモバイル回線のどちらにするか決めたら、次はサービス内容を確認しましょう。確認しておきたいポイントは次の通りです。

対応エリア内か?

まずは利用したい場所が対応エリアか確認しましょう。各サービス事業者のWebで提供エリアを確認できるので必ずチェックすることをおすすめします。光回線の場合、フレッツ光や光コラボはエリアが広く全都道府県の多くの地域をカバーしています。NURO光はフレッツ光より利用できるエリアが限られます。
モバイル回線の場合、エリアが広いのはドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアやBIGLOBEモバイルなどの格安SIMです。BIGLOBEモバイルの場合ドコモやauのスマホと同じエリアで使えます。

通信速度はどのくらいか?

光回線の場合、フレッツ光や光コラボは1Gbps~10Gbps。NURO光は下り最大2Gbpsとなっています。これはあくまでも理論値のため、実際はご利用機器や時間帯によって速度が低下します。一般的に実測値は100Mbps程度で動画も快適に観られる速度です。
モバイル回線の場合、広いエリアで利用できる4G(LTE)回線では受信時最大988Mbps~1.7Gbps(実効速度は100~200Mbps程度)、さらに一部のエリアではより高速な5Gが利用できるようになっています。モバイル回線の場合は機器やエリア、建物、時間帯によって速度が低下します。

通信量はどのくらいか?

光回線は通信量に制限はありません。モバイル回線の多くは高速通信ができる容量が決まっています。通信量制限を超えると全く通信ができなくなるわけではありませんが、通信速度が遅くなります。

利用期間の縛りはあるか?

光回線ではほとんどのところが、モバイル回線もプランによっては利用期間が設けられています。更新月以外に解約した場合、契約解除料がかかる仕組みになっています。BIGLOBEモバイルのデータSIMなら利用期間の縛りなしでご利用いただけます。

初期費用・月額費用はいくらか?

光回線の場合、初期費として契約料と工事費がかかります。工事費は回線を新たに引く場合15,000~25,000円がかかります。工事費は実際に工事を行ってみて料金が確定します。光コンセントが建物内にある場合は、工事費が2,000円程度で収まるケースもあります。月額費用は4,000円~6,000円程度で、できるだけ月額費用を抑えたい場合はフレッツ光より光コラボの方がおすすめです。

モバイル回線の場合、初期費として契約料とモバイルルータの端末代金がかかります。WiMAX 2+だと2万円程度が目安となります。月額費用は、通信容量によって料金はまちまちですが無制限の場合4,000円台となっています。

特典を実施しているか?

どのサービスにするか候補を絞ったら、最後は特典でおトクになっているものを選ぶのがおすすめです。光回線もモバイル回線も特典を実施していることが多いため比較してみましょう。光回線の場合は工事費相当額が無料になるものや月額料金の値引きやルータプレゼント、キャッシュバックなどを行っているケースがあります。モバイル回線は、初期の契約料や月額料金の値引きを行っている場合もあります。
特典によっては一定期間以上使う必要があるなど、条件付きのものがあるので適用条件はかならず確認しましょう。

インターネット回線の契約手順

インターネット回線の契約手順

光回線の契約手順

1.事業者を決める

料金やサービス内容を吟味して事業者を決めましょう。フレッツ光やau光にする場合はプロバイダも決める必要があります。光コラボやNURO光の場合は、光回線とプロバイダがセットのためプロバイダ契約は不要です。光コラボのなかでもドコモ光の場合はプロバイダを選ぶ必要があります。

2.申し込む

Webや電話で申し込みます。光回線の工事は約1カ月かかるため、使いたい時期が決まっている場合、逆算して早めに申し込むようにしましょう。時期や地域によっては工事が2カ月後という場合もありえます。

3.インターネット回線の工事を行う

回線を新たに引く場合は工事担当者が来て、工事を行います。建物内に光コンセントがある場合は、訪問なしで工事が完了することもあります。

4.ルータの設定とパソコンなどの接続設定を行う

工事が完了したら、ルータの設定やパソコンの接続設定を行えばインターネットが使えるようになります。接続設定に不安がある方は、インターネットの接続設定を代行してくれる訪問サポートを利用するといいでしょう。

モバイル回線の契約手順

1.モバイル回線のサービスを決める

WiMAX 2+やPocket WiFi、ドコモなどキャリアが提供するサービス、格安SIMの中からサービスを決めます。

2.プランを決める

無制限のプランにするのか、月間の通信容量が決められたプランにするのかを選びましょう。毎月どのくらい通信容量を使うか分からず何ギガのプランを選べばいいかわからないという方は、多めの通信容量で申し込んでおきプランを見直すという手もあります。

3.端末を決める

モバイルルータの機種を決めます。申し込み時に購入することもできますが、端末を別に購入することも可能です。

4.申し込む

Webや電話で申し込みを行います。ドコモ、au、ソフトバンクのモバイル回線を使う場合はキャリアショップで申し込みます。

5.機器が届いたらパソコンやスマホとの接続設定を行う

モバイルルータが届いたら、同梱されている説明書を見て接続設定を行います。モバイルルータの設定ができたら、スマホやパソコンでインターネットが使えるようWi-Fiの設定を行います。

おすすめのインターネット回線は?

固定回線のおすすめは「ビッグローブ光」

固定回線のおすすめは「ビッグローブ光」

光コラボだから、窓口一本化
ビッグローブ光は光コラボレーションの1つで、光回線とプロバイダ契約をセットで提供しています。そのため月々の支払いも問い合わせ窓口も一本化できるのが特長です。

IPv6(IPoE方式)接続に対応
ビッグローブ光はIPv6(IPoE方式)接続という新しい接続方式に対応しているため、混雑を避けた回線で快適なネット接続をご利用いただけます。

シンプルでおトクな月額料金
プランはファミリータイプとマンションタイプの2つだけ。シンプルでわかりやすい料金体系です。また、フレッツ光より月額料金が安くなる場合があります。申し込みのタイミング次第では特典でお得になることも。
*別途、申込手数料や回線新規の場合は工事費がかかります。

モバイル回線のおすすめは「BIGLOBEモバイル」

「BIGLOBEモバイル」は導入コストの安さが魅力です。auまたはNTTドコモ回線が選べるほか、予算や目的に合わせて豊富なプランからぴったりのものがお選びいただけます。さらに、法人向けの場合は導入前の無料お試しサービスが利用でき、あらかじめ使い心地を確かめることも可能です。

ビッグローブ 法人編集部