コラム・活用事例格安SIM/スマホへ乗り換え!
よくある失敗や手順をご紹介

キーワード スマホ
導入サービス・製品 モバイル
格安SIM/スマホへ乗り換え!よくある失敗や手順をご紹介

スマホの月額料金を削減するため、キャリアから格安SIMに乗り換えを検討している方も多いでしょう。しかし、格安SIMへ乗り換えをする際に、乗り換えや格安SIM選びを安易に行なうと、違約金の発生や格安SIM乗り換え後に通信速度に不満が生じるなど、思わぬ失敗をする可能性があります。現在のスマホの契約から格安SIMへスムーズに乗り換えるためにも、乗り換えの手順やポイントを押さえておくことが大切です。

ここでは格安SIMの乗り換えでよくある3つの失敗例とともに、格安SIMの選び方や乗り換えのポイントをご紹介します。併せて、格安SIMの乗り換え手順や、BIGLOBEモバイルの魅力と法人向けサービスについてもご説明します。

目次
>注意!格安SIM/スマホの乗り換えでよくある失敗例3つ
>簡単!格安SIM/スマホの乗り換え手順3ステップ
>BIGLOBEモバイルは「顧客満足度No.1」その理由は?
>BIGLOBEモバイルなら法人向け格安SIMもある!
>格安SIM/スマホの乗り換えならBIGLOBEモバイル

注意!格安SIM/スマホの乗り換えでよくある失敗例3つ

注意!格安SIM/スマホの乗り換えでよくある失敗例3つ

キャリアから格安SIMへ乗り換える際に、よくある3つの失敗例をご紹介します。格安SIMの失敗しない選び方のポイントも合わせてご紹介しますので、乗り換える前に必ずチェックしましょう。

失敗例①:乗り換えのタイミングを間違えて違約金が発生した

キャリアのスマホを契約する場合、基本的に2年縛りの自動更新になっています。以前までは、解約するタイミングが2年に満たない、または更新月を過ぎた場合には、1万円程度の違約金が発生する仕組みが一般的でした。

しかし、2019年10月1日から電気通信事業法が改正され、スマホの長期契約の縛りと違約金が緩和されました。2019年10月1日以降の新プランであれば、契約から2年目のタイミング以外で解約した場合でも、違約金が「上限1,000円」と大幅に減額しました。

違約金の上限が減額されたけど払いたくないと思う方はきちんと違約金が発生する期間を把握し、違約金がかからないタイミングで乗り換えましょう。キャリアによっては、違約金のかからないタイミングを待つよりも、一度新プランへ変更をしてから解約すると違約金を上限1,000円に抑えて乗り換えることができます。

【auの場合】
旧プランから新プランへ変更後は、違約金は1,000円になります。(2020年9月現在)。

【ソフトバンクの場合】
旧プランから新プランへ変更後は利用期間にかかわらず違約金はかかりません(2020年9月現在)。

【ドコモの場合】
旧プランの契約期間中に新プランへプラン変更しても、旧プランの契約終了月までに解約すると違約金9,500円がかかります(2020年9月現在)。

契約しているキャリアによって、新プランへの変更後の月額料金の違いや、割引サービスの適用範囲の変更なども考えられるため、よく確認をするようにしましょう。

失敗例②:通信速度が遅くなり使い物にならなくなった

キャリアから格安スマホにMNPをして後悔するケースは、通信速度の遅さが大半を占めています。名刺管理アプリやクラウド上にある資料が見れなかったり、通信速度の遅さをストレスに感じるようです。

そもそも格安SIMとキャリアで通信速度に差が生じるのは、格安SIMはキャリアの設備の一部を借りているためです。そして、格安SIMの会社によって借りている設備の容量や利用者数が異なるため、格安SIMのなかでも通信速度に差が生じます。そのため、格安SIMの会社が提供する通信速度が自身が求める基準に達しているか事前に確認するのがよいでしょう。通信速度で失敗しないためには、各格安SIMの通信速度の計測結果をまとめたサイトなどを参考に選ぶことをおすすめします。通信速度が高速な上位の格安SIMを選ぶことで、ストレスなくスマホを利用できるでしょう。

失敗例③:インターネットも電話も使えない期間が発生した

格安SIMでMNPをしたタイミングにより、新しいSIMが到着するまでインターネットもスマホも使えなくなる場合があります。MNPで転出手続きをすると、電話番号が使えなくなり、3日間程度は何もできない状態になることがあるためです。

MNPをしてからすぐに格安SIMでスマホを使う場合は、「即日MNP」ができる格安SIMを選ぶようにしましょう。即日MNPを利用すれば、申し込み期限内であれば、自由なタイミングで乗り換ることが可能です。格安SIMをあらかじめ申し込みしておき、SIMカードが到着してからMNPをすると、スマホが使えない期間をなくすことができます。ただし、即日MNP対応の会社は一部に限られることや、即日MNP対応の会社でも申し込み方法によっては即日MNPが利用できないので注意しましょう。

簡単!格安SIM/スマホの乗り換え手順3ステップ

簡単!格安SIM/スマホの乗り換え手順3ステップ

キャリアから格安SIMに乗り換える場合、「既存のスマホを使う場合」と「新しく購入したスマホを使う場合」で手続きが若干異なります。

◇既存のスマホを使う場合

既存のスマホでSIMだけを乗り換える場合、スマホの機種が乗り換え先の格安SIMの会社で使えるかどうかをまず確認しましょう。格安SIMの会社の公式サイトにある、対応機種の一覧で確認が可能です。

>BIGLOBEの動作確認済み端末一覧

そして、スマホに「SIMロック」がかかっているかを調べ、必要であれば利用中のキャリアにSIMロックを解除してもらう必要があります。SIMロックの解除については、以下の記事も参考にしてみてください。

>法人契約中の3大キャリアのスマホは格安SIMでも使える?

◇新しく購入したスマホを使う場合

一方、既存のスマホから新しいスマホに変える場合、格安SIMの会社で新しいスマホ本体を購入し、同時にSIMカードを契約すればOKです。既存のスマホを使う場合に比べて、手続きが楽にできるのが特徴です。両者の違いを踏まえたうえで、キャリアから格安SIMに乗り換える基本的な3つの手順を見ていきましょう。

◇乗り換えの手順

両者の違いを踏まえたうえで、キャリアから格安SIMに乗り換える基本的な3つの手順を見ていきましょう。

1.事前準備

格安SIMに乗り換えるにあたり、以下を準備します。

・身分証明書
・クレジットカード
・メールアドレス
・スマホ本体
・MNP予約番号

格安SIMの会社は、クレジットカードの支払いしかできない場合もあり、事前にクレジットカードを用意しておくと良いでしょう。また、MNPで乗り換えるとキャリアのメールアドレスは使えなくなるため、新たなメールアドレスが必要になります。

現在使っている電話番号をそのまま使いたい場合はMNP予約番号が必要です。キャリア側にMNPを利用する旨を連絡すると、10桁の番号が発行されます。この番号を取得し、乗り換え先で新規契約をすると同じ電話番号が使えるようになります。MNP予約番号には15日の利用期限が定められていますが、期限を過ぎても再発行することが可能です。MNP予約番号を発行しただけで何も手続きをしなければ、手数料が発生したり、解約になったりすることはありません。MNPの仕組みと手続き方法は、以下の関連記事でも詳しく解説しています。

>MNPとは?格安SIM乗り換え時の手続き方法まで徹底解説
>法人の申し込みについて

2.申し込み

前述のとおり、MNPで数日間スマホが使えなくなる状況を防ぐため、即日MNP対応の会社を選ぶことが重要です。

格安SIMの申し込みは、格安SIMの会社のホームページから、購入する端末(新しくスマホを用意する場合のみ)、回線タイプやデータ容量のプラン、MNP予約番号を入力すれば手続きが完了します。必要となる情報入力自体もさほど時間がかからないので、コロナ禍の時代に店舗に行かなくても、インターネットで申し込みが完了するのは大きなメリットといえるでしょう。

3.SIMカード挿入と端末設定

格安SIMを申し込みすると、1週間程度でSIMカードが届きます。

SIMカードが到着したら端末設定に移ります。SIMカードをスマホに装着してから電源を入れ、マイページ上や電話の音声案内等で回線切り替えの手続きを行ないます。端末の機種によっては、インターネット回線の接続にAPN設定が必要な場合があります。iPhoneとAndroidで設定方法がさらに異なるケースがあるので、機種に合った設定を行ないましょう。

回線を切り替えたら、スマホがきちんと接続できるか確認しましょう。また、携帯電話の端末設定は格安SIMの会社によって異なるので確認が必要です。

BIGLOBEモバイルは「顧客満足度No.1」その理由は?

BIGLOBEモバイルは「顧客満足度No.1」その理由は?

BIGLOBEモバイルは、数ある格安SIMの会社のなかで2019年オリコン顧客満足度ランキング「格安スマホ」で総合1位に選ばれています。そんなBIGLOBEモバイルの特長を紹介します。

◇音楽・映像をデータ制限なく楽しめる「エンタメフリー・オプション」

音楽配信や動画配信をデータ容量の制限なく楽しめる、「エンタメフリー・オプション」を提供しています。BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」では、YouTubeやYouTube Music、Google Play Musicなどの音楽・映像サービス、電子書籍配信など、全22種類の対象サービスの利用でデータ容量が消費されません。格安SIMでも動画や音楽をたっぷり楽しめるというところがBIGLOBEモバイルの特長の1つといえるでしょう。

◇おトクな申込特典がたくさん

BIGLOBEモバイルでは、よりお得になるお申し込み特典が用意されています。音声通話SIMを対象としたプラン料金の値引き、端末セットを対象としたポイント還元、オプションサービスにおける特典など、充実した特典でお得にBIGLOBEモバイルを利用できます。特典の内容は時期によって変更になることがありますので、申し込みの前にチェックしてみましょう。

◇プロバイダ25年の会社だからできるサービス

プロバイダ会社として25年のキャリアを持つBIGLOBEは、たくさんの会員特典やサービスを提供しています。これらの充実したサービスもBIGLOBEモバイルの特長となっています。

・ご利用期間やご利用料金に応じてポイントを提供
・遊園地や映画館などのレジャー施設、ホテルなどの会員優待サービス「BIGLOBE Club Off」
・年に一度のバースデー特典メール

BIGLOBEモバイルなら法人向け格安SIMも

BIGLOBEモバイルでは個人向けに加え、法人向けの格安SIMサービスを展開しています。BIGLOBEモバイルの法人向け格安SIMの特徴をご紹介します。

◇個人と法人の違い

提供しているプランや料金は個人も法人向けも同一ですが、個人と法人には違いもあります。個人と法人の大きな違いは、法人向けBIGLOBEモバイルの特長の一つでもある、BIGLOBE biz. マイページをご利用いただける点です。BIGLOBE biz. マイページでは、契約中のSIMカードの通信量をまとめて管理でき、通信量が一目でわかります。プランなどの各種変更や紛失時の一時停止の手続きや、回線やオプションの追加もできるようになっています。

さらにBIGLOBE biz. マイページでは格安SIMの回線の管理だけではなく、他の法人向けサービスの申し込みや管理も可能なため、いろいろなサービスを利用し管理が煩雑になりがちな法人に便利でより使いやすい機能を提供しています。

BIGLOBE biz. マイページ

◇法人向けBIGLOBEモバイルの特徴

  • 2020年6月に実施した法人向けBIGLOBEモバイルの管理者さま向けアンケートの結果。

BIGLOBEの法人向け格安SIMは以上のような特長があります。導入前に通信速度や品質、エリア、機器との接続可否などを事前に確認し、格安SIM利用への不安も解消されるお試し利用は好評です。またWeb上で料金のシミレーションや見積書の発行がカンタンにでき、手間取らず必要な見積もりを手に入れることができます。

>お試し利用
>料金のシミュレーション

法人専用窓口があるため、通信速度や機種、最適なプラン選択など、不安なことは導入前にお問い合わせすることが可能です。また契約後も万が一トラブルがあった場合も法人専用窓口がサポートしてくれます。

格安SIM/スマホの乗り換えはBIGLOBEモバイル

多彩なサービスやお得な特典などを用意しているBIGLOBEモバイルの格安SIMは、個人においては、2019年オリコン顧客満足度ランキング「格安スマホ」において顧客満足度No.1を獲得しています。数ある格安SIMの会社でどこを選べばいいか迷った方は、個人・法人ともにBIGLOBEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ビッグローブ 法人編集部

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

どんな小さなことでもていねいにお答えします。お気軽にお問い合わせください。ご利用用途に合わせた料金プランや端末のご提案はもちろん、ご検討導入数に応じたご予算のご相談も承っております。