コラム・活用事例モバイル回線(格安SIM)を使った屋外用防犯カメラ

キーワード 防犯・監視カメラ
導入サービス・製品 モバイル

屋外の防犯対策をお考えの方におすすめ
モバイル回線(格安SIM)を使った屋外用防犯カメラ

設置時の煩雑な準備が必要ない、便利なネットワークカメラをご存知ですか?
本記事では、固定回線の設置を必要とせず、電源さえあれば設置が可能、というとても手軽に導入できるモバイル回線(格安SIM)を活用した屋外用防犯カメラをご紹介します。

モバイル回線(格安SIM)を使った屋外用防犯カメラ

電源さえあれば取り付け可能!

防犯カメラを設置する際、固定回線の工事や設備投資が必要なのではないかと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし最近では、固定回線の工事が必要ない防犯カメラが登場しています。それがモバイル回線を使用したネットワークカメラです。電源さえあれば設置が可能で、初期費用が抑えられるだけでなく、煩わしい準備も必要なく手軽に導入できます。

例えば、ビッグローブが提供するモバイル回線を利用した「屋外用防犯カメラwith BIGLOBEモバイル」なら、屋外用ネットワークカメラに必要なSDカードやルータ、映像の閲覧をするためのクラウドサービスもセットになっています。こういったサービスを利用することで、インターネットの配線や設定に詳しくない方でも簡単に防犯カメラを導入できます。

どんな場所に設置するのが最適?

防犯カメラをただ漠然と設置しても防犯カメラの意味をなさないことがあります。では、どんな場所に設置するのが適しているのでしょうか。

駐車場

駐車場

駐車場経営には、車上荒らしやタイヤをパンクさせるような犯罪、接触事故、料金不払いなどトラブルがつきものです。早期解決や事件を未然に防止するためにも駐車場への防犯カメラの設置は必須です。広い駐車場の場合は、四方以外に敷地中央にも設置すると防犯性が高まります。

集合住宅

集合住宅

集合住宅での不審者の侵入防止、駐車場や自転車置き場の監視、住宅へのいたずら防止に防犯カメラが役立ちます。集合住宅の出入り口、通行人から死角になる場所、郵便受けの上に設置することで、犯罪抑止につながり、住宅に住む方の不安を軽減することができます。

工事現場や建設現場などの作業場

工事現場や建設現場などの作業場

夜間に作業員が不在になるので資材の窃盗や現場荒らしといったトラブルが多発しています。防犯カメラを設置していれば映像が動かぬ証拠になり、早期解決につながります。出入り口や資材置き場、倉庫内といった場所に設置することでトラブルを未然に防ぐことができます。

スマホでリアルタイムに確認しよう

防犯カメラの映像を見るには、映像を確認するモニターが必要になります。そのため、モニターの置き場所に困ることがあります。しかし、ネットワークカメラがパソコンやタブレット、スマホに対応しているものであれば、専用モニターの必要がなく、自宅や事務所など離れた場所でもリアルタイム映像や録画映像を見ることができます。また、iOSやAndroidのアプリが用意されているサービスであれば、外出先からカメラの操作もできるので、監視のための人件費節約にもつながります。

必要なものがセットになった屋外用防犯カメラ

ビッグローブが提供する「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」は、モバイル回線(格安SIM)とSDカード、ルータ、映像を見るためのクラウドサービスがセットになったネットワークカメラです。パソコンはもちろん、専用アプリもあるのでお持ちのスマホやタブレット、リアルタイムに映像を確認することができます。

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

ビッグローブの屋外向け防犯カメラに関するお問い合わせをこちらで承っております。まずはお問い合わせください。