コラム・活用事例MNPとは?格安SIM乗り換え時の手続き方法まで徹底解説

キーワード スマホ
導入サービス・製品 モバイル

MNPとは

MNPとは?

スマホの通信料を安くできる「格安SIM」。格安SIMへ乗り換えるときに便利なサービスがMNPです。MNPとは「Mobile Number Portability」の略であり、スマホの通信会社を変えても以前使っていた電話番号をそのまま使える仕組みのことをいいます。格安SIMへ乗り換えるとき、MNPの手続きは個人と法人とで異なっており、また通信会社によってもMNPの予約番号をとるための方法も異なります。今回は格安SIMへMNP手続きする方法、MNP手続きでの注意事項、MNP予約番号取得方法に関して解説します。

格安SIMにMNP転出・転入する方法

MNP転出・転入する前に確認すべきこと

MNP転出手数料

MNP転出には手数料がかかります。手数料の金額は契約中の通信会社によりますが、これとは別に契約時に定められた解約金や初期費用も支払う必要がある場合があります。

MNP予約番号の有効期限

MNP転出するためには、現在契約している通信会社から「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。このMNP予約番号には発行日を含め15日間の有効期限があり、MNP転出は、その期限が切れる前に手続きをすませなければなりません。早めに手続きをするようにしましょう。有効期限が切れた場合は、MNP予約番号を再度発行してもらう手続きが必要ですが、手数料や回数制限などはありません。

MNP手続きの流れ

MNP手続きは、以下の流れで進みます。

MNPの流れ

1.MNP転出の申し込み

ご契約中の通信事業者でMNP転出の手続きをします。大手通信業者では実店舗に直接足を運ぶ、もしくは電話1本でMNP転出ができます。

2.MNP予約番号の取得

MNP転出の手続きをする際、MNP予約番号を取得する必要があります。以下に、大手通信事業者でMNP予約番号を取る方法をまとめました。

NTTドコモ

1.「ドコモショップ」で手続きをする
2.「ドコモインフォメーションセンター」へ電話をかける
3.My docomoの「ドコモオンライン手続き」をする
ことでMNP予約番号を取得できます。

ソフトバンク

1.「ソフトバンクショップ」で手続きをする
2.「携帯電話番号ポータビリティお問い合わせ窓口」に電話をかける
3.MySoftBankでオンライン手続きをする
ことでMNP予約番号取得を取得できます。

au

1.「auショップ」に行く
2.「PiPit」と呼ばれるトヨタの販売店内にある携帯電話ショップで手続きをする
3.au電話窓口へ電話をかける
ことでMNP予約番号取得を取得できます。

3.MNP転入の申し込み

MNP転入を予定している通信事業者にMNP転入の手続きをします。その際にMNP予約番号が必要になるので、取得した状態でMNP転入手続きをすすめましょう。

4.新しいSIMカードが届き、利用開始

MNP転出・転入の手続きが終われば、転入先の通信事業者から新しいSIMカードが届くのを待つだけです。お手元に届き次第新しいSIMカードを端末に挿入し回線利用の設定をすることで利用開始できます。

格安SIMへMNP転出・転入する際の注意点

手数料を支払えば、ドコモやauから格安SIMにMNP転出・転入できますが、その際にはいくつか注意しておかなければならないことがあります。事前に知ったうえで格安SIMへのMNP手続きをするようにしましょう。

格安SIMへのMNP、注意点

◆契約解除料が発生してしまう

契約更新期間以外でMNP転出・転入の申し込みをしてしまうと、MNP手数料のほかに契約解除料が発生してしまう可能性があります。MNPをご検討であれば契約解除料の有無や契約更新期間の確認を事前にしておくとよいでしょう。

◆回線利用できない期間が生じる場合がある

MNPは申し込み手続きをしてから新しいSIMカードが届くまでの期間中、ネットや通話が使えない期間がある場合があります。回線利用できない期間を生じさせないため、MNP転出申し込み後の期限内に好きなタイミングでMNP切り替えができる即日MNPという手段があります。即日MNPを使うと、MNP転入申し込みをし新しいSIMカードが届くタイミングで、MNP切り替えが可能になるのでうまく活用しましょう。

◆現在のスマホをそのまま使えないことがある

SIMロックがかかっている端末の場合、転出先の格安SIMを使用できない場合があります。格安SIM事業者は大手通信事業者から回線を借り、ユーザーに通信環境を提供しています。そのため、回線がスマホの販売元による提供でない場合は、その格安SIMが使えない可能性があります。

SIMロックの問題を回避するためには、

SIMロック解除をする
使用していた回線と格安SIM事業者が提供する回線が同じである

のどちらかである必要があります。MNP転出する場合は必ず格安SIM事業者の回線と利用したい端末の動作確認ができているか事前に調べておきましょう。BIGLOBEモバイルではドコモ回線で使用していた端末はタイプDのSIMカード、au回線で使用していた端末はタイプAのSIMカードをSIMロック解除不要で利用できます。

法人契約中の3大キャリアのスマホは格安SIMでも使える?

法人契約で格安SIMへの乗り換え時に必要なもの

格安SIMにMNP転入する際、個人契約の場合と法人契約の場合では必要な物が異なります。
法人契約の場合、個人契約の際に必要な運転免許証やパスポート、社員証などの本人確認書類、在籍証明書類のほかに「法人に関する確認書類」が必要です。

以下は参考までにBIGLOBEモバイル音声通話SIMへの申し込み時に必要となる書類です。詳細については音声通話SIM申し込み時の必要書類についてをご確認ください。

法人に関する必要な確認書類

・登記事項証明書(現在事項全部証明書)
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
・印鑑登録証明書

申込者の在籍証明書類

・名刺
・社員証
(ただし、個人事業主の場合は不要)

申込者本人の確認書類

・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・外国人登録証と外国パスポート、
または在留カードと外国パスポート、特別永住者証明書
・マイナンバーカード

  • 各項目より1点が必要です。申込者在籍証明書類と申込者本人確認書類はBIGLOBEオフィスサービス管理者1名分のみを用意いただきます。

MNPをする際は必要な手続きを確認しよう

今回は格安SIMにMNPで乗り換えるときの手続きや注意点について解説しました。格安SIMへの乗り換え時にMNPをするためには、個人と法人とで違いがあります。法人でMNPをするための手続きの方法や必要書類を事前に確認し、格安SIMへの乗り換えを進めていきましょう

ビッグローブ 法人編集部

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

BIGLOBE店舗マップ管理に関するお問い合わせをこちらで承っております。ご利用中の方のご質問もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。