コラム・活用事例格安SIMをビジネスでも活用!auから格安SIMへ変更時の確認事項

キーワード スマホ
導入サービス・製品 モバイル
格安SIMをビジネスでも活用auから格安SIMへ変更する際の確認事項

近年、格安SIMを利用する方が増えています。格安SIMの特長は、第一に費用が抑えられること。また、auやドコモなど、今まで使っていた大手通信事業者と同じ設備を使用するので、これまでと同じエリアで使用できることも大きな特長です。その他にも格安SIMにはたくさんのメリットがあります。上手に活用して社用スマホの料金を節約してみませんか。

今さら聞けない、格安SIMって何?

スマホの中には、通話やデータ通信に必要なSIMカードという、契約者を識別するカードが入っています。これによりauやドコモなどの大手通信事業者の回線を介して電話をかけたり、インターネットやメールを使用したりすることができます。その大手通信事業者が持つ通信設備をレンタルして通信しているのが格安SIMです。そうすることで設備投資やメンテナンスなどの費用が抑えられるほか、実店舗を持たず主にWeb上で契約手続きを行うことで人件費が抑えられ、スマホの料金を抑えることができます。

格安SIMのメリット・デメリット

ビッグローブの格安SIMでは、通話やデータ通信はもちろん、留守番電話や国際ローミングなどのサービスも整っています。さらに、使用できるエリアもau 4G LTEやドコモと同じように使うことができます。

メリット

・法人格のない個人事業主や任意団体でも契約可能(審査あり)
・auやドコモのスマホならSIMロック解除をしなくてもそのまま使える
・スマホのラインアップが豊富

デメリット

・通信速度が遅くなる
・キャリアメールを使っている場合はアドレスの変更の周知が必要

ビジネスでキャリアメールを使っていた場合、格安SIMに変更することで使えなくなるため、登録の変更や、取引先への周知が必要になります。その代わりにGmailや会社独自のメールアドレスを使用すればあまり問題ないでしょう。

  • キャリアメールとは、auなら「@ezweb.ne.jp」や「@au.com」、ドコモなら「@docomo.ne.jp」など大手通信事業者が持つドメインのメールアドレスです。

auから格安SIMへの変更で確認しておくこと

大手通信事業者と言われているNTTドコモ、au、ソフトバンクにおける携帯電話契約件数は2019年9月の段階でおよそ1億8,000万件。一般社団法人電気通信事業者協会の発表によると2019年第2四半期の純増数ではauの伸びが著しいという結果になっています。つまりauを利用している人が増えているということ。そこで現在、auを利用している人が格安SIMに乗り換える場合のポイントを具体的に確認しておきましょう。

auの通信回線が提供されているかの確認

auからの乗り換えなら、auの通信回線を提供している格安SIM事業者を選ぶのがおすすめです。SIMロック解除も不要で*、新しいスマホを購入する必要はありません。au 4G LTEと同じエリアで使えるので、乗り換えて使えなくなるという不安もありません。

  • 2017年8月1日以降に販売されたau販売端末に限ります。2017年7月までに販売されたau端末ではSIMロック解除が必要です。

端末が4G対応かどうかの確認

使っている携帯端末が3G回線を使う古い機種である場合は注意が必要です。基本的にauの通信回線を利用している格安SIMでは、3G回線に対応していません。まずはスマホの通信規格を確認し、乗り換えてもそのまま使えるかどうかを確認しておきましょう。

VoLTE対応かどうかの確認

auのスマホを使ったままで格安SIMへの乗り換えを検討する場合は、VoLTEに対応しているかどうかの確認もしておきましょう。VoLTEというのはLTE回線を利用した音質の良い通話サービスを指します。auの携帯電話においては、VoLTE対応端末であればVoLTE対応の格安SIMカードを利用する必要があり、またVoLTEに対応していないau端末を利用している場合は、VoLTE非対応の格安SIMカードを利用する必要があります。

使いたい通信回線で格安SIMを選ぶ

格安SIM会社によっては、利用できない大手通信事業者の回線があります。au回線を利用したいときには、対応しているかをチェックしておかなければいけません。
格安SIMの多くはドコモかauの回線を使用しますが、BIGLOBEモバイルでは、ドコモかauの回線から選ぶことができます。au回線では、4G LTEの通信回線で利用可能エリアが広く、地下鉄駅・地下鉄間や新幹線での移動中も快適に利用できます。

通話オプション

大手通信事業者の場合、通話料定額のプランがありますが、この定額プランがあるかどうかも必ずチェックしておきましょう。ビジネスで取引先に電話をかけることが多いと通話料が高くなってしまう場合があります。BIGLOBEモバイルでは、通話専用のアプリ「BIGLOBEでんわ」を使ってかけることで、国内通話が9円(税別)/30秒になり、さらに「10分かけ放題」や「通話パック90」などの通話オプションを組み合わせることで、通話料を抑えることができます。

自分に合った格安SIMを調べてみよう

格安SIMは費用が安いのが魅力ですが、今までどおり快適に使えるのか不安になることもあるでしょう。きちんとメリット・デメリットを把握して、それぞれの希望に合ったプランを選択しオプションをつけることで、これまでと同じように使え、経費節約にも貢献できるものです。まずは、格安SIM会社がどんなサービスを提供しているかをチェックすることから始めてみませんか。

ビッグローブ 法人編集部

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

BIGLOBE店舗マップ管理に関するお問い合わせをこちらで承っております。ご利用中の方のご質問もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。