コラム・活用事例駐車場経営には防犯対策が必須

キーワード 防犯・監視カメラ
導入サービス・製品 モバイル

駐車場経営にはトラブルがつきもの

土地活用の際、駐車場としての活用、経営を考える方が多くいます。しかし、無人の駐車場の場合、犯罪や事故などのトラブルの対策もしっかり行わなければ、万一の際に十分な対応ができなくなってしまいます。今駐車場を経営している方にも、これから考えている方にも、駐車場を経営するにあたってのポイントと対策を紹介します。

駐車場経営は防犯対策が必須

駐車場経営のポイント

駐車場経営には、料金設定や管理体制、契約内容などたくさんのポイントがありますが、なかでも意識しておきたいのが防犯対策です。駐車場は無人管理が多く、駐車場内での事故や車上荒らしなどの犯罪が発生した場合、目撃情報の少なさがトラブルの長期化につながってしまいます。そのデメリットを解消するために有効な手段をご紹介します。

防犯カメラの設置

車上荒らしや車へのいたずら、精算機への犯罪を抑止する効果があります。防犯カメラは、駐車スペース以外にも出入り口や精算機周辺が映るように設置しましょう。また、車両やナンバープレート、人の顔が特定できるように設置しておくと、事件や事故の際に早期解決につながります。

照明の設置

駐車場のトラブルは、人目につきにくい夜間に起こることが多いため、周囲から目につきやすいよう、照明の設置が有効です。人が近づくと自動で点灯する人感センサー付きライトもおすすめです。また、防犯カメラと併用することで、夜間でも鮮明に撮影しやすくなるため、安全性の向上が期待できます。

柵の設置

柵のない駐車場はどこからでも出入りしやすいため、防犯カメラを設置していても死角ができてしまうことがあります。柵があるだけで「この場所には防犯意識がある」という心理が働きますし、実際に逃げる際に柵を乗り越えるにも時間がかかるため、侵入防止に役立ちます。

駐車場に適した防犯カメラとは

駐車場に防犯カメラを設置するとなった場合、屋外へ設置することが多いでしょう。そのため、屋外の環境に対応したものを選ぶ必要があります。ほかにも、カメラで撮った映像を保存するための機器やモニターなどの準備も必要になります。

耐久性は十分か

屋外に設置した防犯カメラは雨風にさらされることになります。これらの影響で防犯カメラが破損しないよう、防水・防塵加工が施された防犯カメラを選ぶ必要があります。また、接続不良といったトラブルが起こった際に、自動で再起動する機能を備えたカメラもあります。

ズーム機能があるか

監視中に気になる動きがあっても、動きや顔、車のナンバーなどの判別がしにくい場合があります。そんなとき、ズーム機能を備えたものなら、拡大してはっきりと確認できるので便利です。

夜間でも鮮明に映るか

駐車場での犯罪は夜間に多くなります。防犯カメラのタイプには、まったく明かりがない状態でも撮影できるが白黒の映像になる赤外線カメラと、まったく明かりがない状態では撮れないものの、少ない明かりでもカラーで撮影できる低照度カメラの2種類があります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、設置する環境や状況に合わせて、適した防犯カメラを選択しましょう

必要なものがセットになった屋外用防犯カメラ

ビッグローブが提供する「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」は、モバイル回線(格安SIM)とSDカード、ルータ、映像を見るためのクラウドサービスがセットになったネットワークカメラです。専用アプリもあるのでスマホやタブレットからリアルタイムに映像を確認することができます。

屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

ビッグローブの屋外向け防犯カメラに関するお問い合わせをこちらで承っております。まずはお問い合わせください。