コラム・活用事例スマホにセキュリティ対策は必要なのか

キーワード スマホ, タブレット, セキュリティ強化
導入サービス・製品 マカフィー マルチ アクセス
スマホにセキュリティ対策は必要なのか

パソコンのセキュリティ対策はしているけど、スマホはしていない、なんてことはありませんか?
スマホを狙ったウイルスが近年増加傾向にあるため、スマホのセキュリティ対策は必須です。本記事ではスマホのセキュリティ対策が必要な理由と、具体的な対策方法についてご紹介しています。

なお、本記事ではAndroidに焦点を当ててご紹介しています。といいますのも、iPhoneに関してはAppleからOSのコードが公開されておらず、アプリも公式のApp Storeからしかダウンロードできないことから、不正にコードを改変され悪用されるなどのリスクが少ないと言われているためです。

スマホのセキュリティ対策が必要な理由

改めてスマホのセキュリティ対策が必要な理由をご紹介します。

1.スマホはパソコンと同じ

スマホはガラケー(フィーチャーフォン)とは違い、パソコンと同じ「ネットにつながった端末」です。さまざまなサイトや動画を閲覧できるだけではなく、ネット上から多種多様なアプリをインストールできるので、ウイルス感染といったサイバー攻撃を受けるリスクが高いです。

2.スマホには重要なデータが大量

手軽にどこでも持ち歩けるため、スマホに重要なデータを入れているケースが増えています。それはつまり大切なデータが流出するリスクも増しているということ。仕事でスマホを使っている場合は特に注意が必要であり、業務データや仕事の連絡先、取引内容など、外部に流出したときに問題となる情報が含まれていることが少なくありません。

3.スマホを対象としたウイルスの増加

スマホを攻撃対象としたウイルスの数は年々増加傾向にあります。さらにサイバー攻撃を仕掛ける側は、日々攻撃手法をかえてくるので、セキュリティ対策も日々強化していく必要があります。

スマホのセキュリティ対策方法

スマホを攻撃対象としたウイルスから、個人情報や重要なデータを守るためには、スマホのセキュリティ対策が必須です。ここでは具体的なセキュリティ対策の方法についてご紹介します。

1.セキュリティ対策ソフトの導入

パソコンと同様、スマホにもセキュリティ対策ソフトを導入することが重要です。ここで忘れてはいけないのが、ソフトに対する信頼性と機能性の充実。ウイルスバスターやノートン、マカフィーといった実績が多く、機能の充実したソフトを導入することで、セキュリティ対策として十分な働きをしてくれます。また、無料のウイルス対策ソフトのすべてがそうではありませんが、なかにはソフト自体にウイルスが入っている悪質なものも存在するので、なるべく有料版を使用するようにしましょう。

2.OSアップデート

スマホもパソコンも、OSのアップデートによってウイルスに対する脆弱(ぜいじゃく)性を克服することができます。OSをアップデートできる状態であれば、迷わずにすぐさまアップデートするように心がけるとウイルス感染を防げる確率が上がります。ここで注意してほしいのは、アップデートによって別の問題が発生する可能性があるということです。アップデート前は普通に使用できた機能が使えなくなったり、動作に不具合が発生したりするケースもあります。そんなときは修正パッチがあてられるので、OSのアップデートで何らかの問題が発生した場合は、修正パッチをあてたバージョンにすぐさま更新するようにしてください。

3.公衆Wi-Fiを使わないようにする

公衆Wi-Fiは誰でも自由に使えることが魅力ですが、一方でパスワード認証がなくセキュリティ対策がなされていないものもあります。なかにはハッキング目的で用意されているWi-Fiもあるので、知らないWi-Fiを利用せず、自動接続設定を解除して手動で回線につなげるようにしましょう。

4.二段階認証をする

利用中のサービスが対応しているのであれば、二段階認証を利用しましょう。セキュリティ対策としてとても効果的な方法です。また相手に推測されにくいパスワードを使用することも大切です。

5.アプリのアクセス権限を管理

Androidユーザ向けのアプリはGoogle Playを含め、さまざまなサイトからダウンロードできます。しかしここで問題になるのが、非公式サイトの存在。非公式サイトのなかには、審査を経ずにアプリを配信できるところもあるので、そこで入手可能なアプリのなかにはウイルスが含まれているものもあります。ですので、公式ストアからアプリをダウンロードする方が非公式サイトよりも安全だと言えるでしょう。

また公式ストアからダウンロードしたアプリだったとしても、いくつかのアクセス権限に関するリクエストをしてくる場合があります。それに対しどれだけのことを許可するかは、よく考えて決めましょう。公式ストアから配信されているアプリのなかには、表向きは害のあるアプリではなくても、ユーザーに関するデータ収集を目的としているものも存在していますので注意してください。

6.データをバックアップ

直接的なセキュリティ対策ではありませんが、ウイルスに感染した場合はアカウントが乗っ取られたり、データが消去されたりすることがあります。また初期化しなければ感染前の状態に戻せないといったこともあり得ます。そのような場合に備えてデータを頻繁にバックアップしておきましょう。

まとめ

今回はスマホのセキュリティ対策について見てきました。スマホのセキュリティ対策はパソコンよりも軽視されがちですが、スマホもネットにつながった端末なので、ウイルス感染の危険性は常にあると認識しなければなりません。
とくにビジネス利用の場合は要注意。スマホ内の大切な個人情報や業務データが流出することによる損失は計り知れません。とはいえ、社員それぞれが所有するスマホを総務部や情報システム部の運用担当者が管理することは困難です。セキュリティ対策ソフトに加えて、端末管理ツール(MDM)の導入をおすすめします。

おすすめのセキュリティ対策ソフト

ビッグローブではビジネスに特化した法人向けセキュリティ対策ソフトをご提供しています。もしセキュリティ対策が十分でない場合には、ぜひ利用をご検討ください。

マカフィー® マルチ アクセス(法人向け)

マカフィー® マルチ アクセス

世界で6億人以上に利用されるマカフィーの総合セキュリティソフト。1台あたり100円(税別)/月でパソコンやスマホ、タブレットのマルウェア対策や迷惑メール対策ができます。本格的なマルウェア対策をご検討中の方はチェックしてみてください。
> 個人の方はこちら

MDM「Optimal Biz」(法人向け)

MDM「Optimal Biz」

「Optimal Biz(オプティマルビズ)」は、多くの企業に支持されて35,000社以上の導入実績を誇ります。国内企業のオプティム(東証一部上場)が自社開発しており、日本企業の求める機能や使いやすさを提供している製品です。30日間の無料トライアル実施中。
> MDMとは

ビッグローブ 法人編集部

コラム・活用方法

スマホにセキュリティ対策は必要なのか

スマホにセキュリティ対策は必要なのか

マルウェアの脅威と対策

マルウェアの脅威と対策