コラム・活用事例光回線の工事で事前に必要なものとは?

キーワード インフラ強化
導入サービス・製品 ビッグローブ光
光回線の工事で事前に必要なものとは?

光回線の申し込みを済ませて、後は工事のみとなったときに、スムーズに工事を終わらせるために何が必要なのか気になりませんか?それを理解するために、まずは光回線の工事について理解しておきましょう。

光回線の工事には大きく、「派遣工事」と「無派遣工事」の2つの種類があり、それぞれで内容が大きく異なります。

光回線の派遣工事とは?

光回線の配線構成図
  • 1 写真とは違うものが設置される場合があります。

工事担当者が店舗やオフィスに来て開通工事を行うことを「派遣工事」といいます。以下の手順で行われます。

  1. 最寄りの電柱、もしくはマンホールから光ケーブルをオフィスビルの棟内共用スペース(PT盤)まで引き込む
  2. PT盤からお客さまのオフィスや部屋まで光配線を引き込む
  3. 室内への光コンセントの設置
  4. 光コンセントと回線終端装置(ONU)の接続
  5. 回線終端装置(ONU)とホームゲートウェイの接続
  6. ホームゲートウェイと無線LANルータ等の接続
  7. 光電話を申し込んでいる場合は、ホームゲートウェイに電話の設定をし、発着信の確認を行う。

光ケーブルの引き込み時には、壁に穴を開ける必要があると思われるかもしれません。特に賃貸の場合、勝手に穴を開けることはできないため、光回線を導入できないと諦める人も多いのではないでしょうか。ビルやマンションの場合、部屋内ではなく共有スペースに光ケーブルを引き込み、そこから各部屋に配線をするので、部屋に直接、光ケーブルを引き込む必要はありません。つまりオフィス内での工事は、光コンセントの設置と回線終端装置(ONU)の接続だけで済む場合がほとんどです。

光回線の無派遣工事とは?

工事担当者の訪問なしで利用者本人が回線終端装置(ONU)やホームゲートウェイを設置する工事を「無派遣工事」といいます。すでに光コンセントがオフィス内に1カ所でも設置されている場合は、無派遣工事になります。工事日調整の必要がないため、派遣工事よりも早く光回線を開通できます。

接続は光コンセントを回線終端装置(ONU)に差し込むだけなので、簡単にできます。

光回線の工事をスムーズにする6つのポイント

光回線の工事をスムーズにする6つのポイント

光回線工事を行う前に次の6点に注意しましょう。

1. 派遣工事の場合はオーナーやビル管理会社に確認をとる

必ず事前にビルのオーナーや管理会社に光回線の工事について承諾を得る必要があります。承諾を得られなければ、光回線を導入することはできません。そのため光回線の導入を検討する場合は、必ず事前に確認しましょう。

2. 接続機器の設置場所を決めておく

回線終端装置(ONU)やホームゲートウェイ、無線LANルータを設置する場所を決めておきます。光コンセントの設置場所付近だと楽に設置できるので、おすすめです。光回線を接続するスマートフォンやパソコンなどのデバイスを無線LAN経由にすると、デバイスの設置場所を意識する必要はありません。有線LANで接続する場合は、デバイスの設置場所も決めておきましょう。

3. 電源タップの空きを確認する

回線終端装置(ONU)やホームゲートウェイ、無線LANルータの電源をつなぐため、最低でも3口のコンセント差し込み口が必要です。

4. インターネット接続用の機器を用意する

パソコンのほか、コピー機、FAXなどネット回線を利用する予定の機器を用意します。また、インターネットを有線でつなぐ場合はLANケーブル、無線LANでつなぐ場合は無線LANルータも用意しましょう。

5. 季節によっては工事日がなかなか決められない場合がある

光回線の工事自体は、30分~2時間で終了します。工事が終わるまではインターネットを利用できないので注意しましょう。
また引っ越しシーズンは調整がしにくく、工事が申し込みから1カ月以上先になってしまうこともあります。できるだけ早めに申し込み、工事日を決めておきましょう。

初期費用が気になるなら
ビッグローブ光がおすすめ

光回線の導入で、気になるのは初期費用です。そんな方に、ビッグローブの法人向け光回線「ビッグローブ光」がおすすめです。お得な特典をご用意していますので、この機会に、ぜひ検討してみてください。

回線の種類やオプションを選んで料金がいくらか、その場でわかる料金シミュレーションをご用意しています。1分でカンタン、押印なしの見積り書としても使えます。現在の光回線の月額費用といくら違うのか、比べてみてください。

光回線を乗り換える方は手数料無料なのでお得

ビッグローブ光では申込手数料や事業者変更手数料が無料になる特典*1を提供しています。初期費用を他社と比べてみてもお得です。

光回線

派遣工事での初期費用
(手数料・工事費)

無派遣工事での初期費用
(手数料・工事費)

法人向けビッグローブ光

18,000円(税別)

2,000円(税別)

フレッツ光(NTT東日本)

18,800円(税別)

2,800円(税別)

AsahiNet 光

18,800円(税別)

2,000円(税別)

NUROアクセス エントリー

83,000円(税別)

-

  • 2020年4月27日時点のファミリータイプ(一戸建て・商業ビル・オフィスビル)の料金です。
  • 別途、各サービスの月額費用がかかります。
  • 代表的な工事の場合の料金です。工事の内容によっては工事費が異なる場合があります。
  • 1 本特典は継続して実施しています。

無線LANルータをプレゼント中

法人向けビッグローブ光ではIPv6接続(IPoE方式)に対応した無線LANルータをプレゼント。接続機器を購入する必要がないので、導入にかかる費用がさらに抑えられます。また光回線はIPv6に対応しているので、時間帯や地域の影響を受けにくい快適な速度のインターネットをご利用いただけます。
>光回線が快適になるIPv6接続(IPoE方式)とは?

この機会にぜひ、法人向けビッグローブ光をご検討ください。

  • 特典の詳細、適用条件は特典ページをご確認ください。

ビッグローブ 法人編集部