BIGLOBE TOUCHCARD導入事例清水エスパルス

キーワード 集客・販促
導入サービス・製品 TOUCHCARD
業種 飲食・観光・サービス

Jリーグ初、「BIGLOBE TOUCHCARD」を活用して、限定コンテンツを配信

静岡市をホームタウンとする清水エスパルスは市民サッカークラブ(当時清水市)が母体という来歴もあり、地域のファンに育まれ愛され続けているサッカーチームです。今回、エスパルスサポーターが毎年楽しみにする2019年度ユニフォームの先行予約特典として「BIGLOBE TOUCHCARD(タッチカード)」が採用されました。

2019シーズンオフィシャルユニフォームの先行予約購入者に配布されたカード。新ユニフォームを着た人気選手がデザインされ、サポーターの間でも話題となった。

2019シーズンオフィシャルユニフォームの先行予約購入者に配布されたカード。新ユニフォームを着た人気選手がデザインされ、サポーターの間でも話題となった。

限定動画の公開方法を探して出会った
「BIGLOBE TOUCHCARD」

「BIGLOBE TOUCHCARD」の活用方法を見てみましょう。2019年度ユニフォームの先行予約をしたサポーターに後日カードが送られます。カードの表面は選手、裏面にはQRコードと利用方法が記載されています。サポーターは、QRコードをスマホで読み取って特設サイトにアクセスし、スマホ画面にカード(表面、裏面それぞれ)をタッチ(紹介動画)。それぞれ限定動画やアンケート画面に遷移します。選手のプライベトシーン満載の限定動画はサポーターの間で話題になり大好評でした。

ユニフォームの先行予約特典は、シークレット企画として限定動画とすることに決めたものの、動画公開の最適な方法が決まっていませんでした。要件となったのは煩雑なユーザ登録は不要で、限定動画を拡散されない仕組み、しかも準備期間は限られていました。

予想以上の反応に確かな手応え

ユニフォームを先行予約したサポーターの期待を裏切らない方法を模索する中で出会ったのが「BIGLOBE TOUCHCARD」でした。届いたカードで動画にアクセスでき、稀少なオリジナルカードまで入手できるならサポーターの満足度も高いはずです。カード作成も含めて1カ月で準備可能という短納期も魅力となり採用を決めたとのこと。
 

2019シーズンオフィシャルユニフォーム

2019シーズンオフィシャルユニフォーム(左)、金子翔太選手(右)。

「高い反応率に驚きと手応えを感じました」と語るのは、株式会社エスパルスで本企画を担当した石川智美氏です。動画視聴率は60%超、加えてアンケートの回答率も予想を超えました。特にカードとコンテンツがセットになった本特典について「カードのバリエーションが増えるなら購入したい」という生の意見が多数寄せられたため、今後は販売による収益化も検討していくとのことです。

限定プライベート動画を撮影した金子翔太選手に聞く

限定プライベート動画を撮影した金子翔太選手

今回公開した動画を撮影したのはチームで活躍する金子翔太選手です。「24歳で中堅の金子選手はチームをまとめる中心的存在。そこに期待して全てお任せでカメラを持ってもらいました」(石川氏)。
「時間不足で、出来栄えは不完全燃焼です」と語る金子選手。昼食時のリラックスした選手の様子や、選手間ならではの核心に迫るインタビューが満載のプライベート映像はサポーターの心を捉えました。「次回はファンの方からリクエストをもらったり、スマホで撮影するなど、よりプライベートな映像を撮影してみたい」と語る爽やかな表情からは、チーム内で果たすムードメーカーの役割がうかがえました。

チームと金子選手の飛躍、エスパルス サポーターへのサービスの向上を願い記念撮影。 左から、カードデザインを担当された株式会社インターナショナルスポーツマーケティング 堀部氏、エスパルス 山下氏、石川氏、金子選手、ビッグローブ 江本。

チームと金子選手の飛躍、エスパルス サポーターへのサービスの向上を願い記念撮影。 左から、カードデザインを担当された株式会社インターナショナルスポーツマーケティング 堀部氏、エスパルス 山下氏、石川氏、金子選手、ビッグローブ 江本。

導入の経緯

清水エスパルスではファン拡大とサービス向上のためIT推進に取り組んでいます。特典をモノではなく動画にしたのも、ネットやスマホ経由でのサポーターとの導線を作っていきたい狙いがありました。「BIGLOBE TOUCHCARD」は必要な機能が盛り込まれているだけでなく、カード制作からサイトの制作運用まで一切を短納期でアウトソースできることを評価しました。また「BIGLOBE TOUCHCARD」をJリーグでいち早くエスパルスファンに体感してもらえるという先進性も魅力で導入を決めました。

株式会社エスパルス ブランディング推進本部 物販部 兼ブランディング企画部 石川 智美氏

株式会社エスパルス ブランディング推進本部物販部
兼ブランディング企画部 石川 智美氏

「BIGLOBE TOUCHCARD」のアンケートから得られたサポーターの声はファンサービスの企画の裏付けとして何よりも参考になります。今後もカードのバリエーションを増やして幅広いサポーターに喜んでもらえる施策をすすめていく予定です。


株式会社エスパルス ブランディング推進本部 デジタルマーケティング部 部長 山下 芳紀氏

株式会社エスパルス ブランディング推進本部
デジタルマーケティング部 部長 山下 芳紀氏

エスパルスがすすめるIT化ではいかにサポーターの要望に添えるマーケティングを実行できるかがポイントとなります。「BIGLOBE TOUCHCARD」ではサポーターの喜びや要望といった生の声が参考になりました。継続や収益化、お客さまのサービス充実に向けて知恵を出しあって進めていければと考えます。

株式会社エスパルス ブランディング推進本部 広報部 黒田 悟之氏

株式会社エスパルス ブランディング推進本部 広報部
黒田 悟之氏

公式Twitterを担当していますが、限定動画はサポーターにとってもテンションの上がる企画だということがTwitter経由でも伝わってきました。特に若い世代のサポーターを増やすにはソーシャルの強化は重要です。今後もサポーターの心に刺さる施策と情報発信をうまくリンクさせていきたいと思います。

株式会社インターナショナルスポーツマーケティング コンテンツプロデュース事業部 堀部 祐太朗氏

株式会社インターナショナルスポーツマーケティング
コンテンツプロデュース事業部 堀部 祐太朗氏

今回のカードデザインを担当しました。 
Jリーグで初めての導入ということもあり、使用方法がまず分かりやすいことを念頭に、エスパルスさんのオレンジを貴重とした、特別感、高級感のあるデザインで制作させていただきました。カード自体の価値をデザイン面でも付与できるよう、これからも携わっていければと思います。
 

お客さまのプロフィール

社名

株式会社エスパルス

URL

https://www.s-pulse.co.jp

事業内容

プロサッカークラブ運営

所在地

〒424-0901 静岡市清水区三保2695番地1

ご利用サービス

BIGLOBE TOUCHCARD(タッチカード)

関連サービス

BIGLOBE TOUCHCARD(タッチカード)

BIGLOBE TOUCHCARD(タッチカード)は、スマホやタブレットにカードをタッチすることで動画や⾳声、クーポンなどの限定コンテンツを提供できるカード型デバイスです。カードにはオリジナルデザインを印刷することができ、プロスポーツ観戦やeスポーツ⼤会、コンサートなどのイベントで販促・集客ツールとしてご利⽤いただけます。1枚のカードで、Webや動画、音声などさまざまなコンテンツに遷移させることができ、配った後もお客さまとのタッチポイントとして、継続的にコンテンツを配信することができます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

BIGLOBE TOUCHCARD(タッチカード)に関するお問い合わせをこちらで承っております。資料送付やデモの希望、お⾒積りの希望もお気軽にお問い合わせください。