コラム・活用事例【法人向け】光回線の乗り換え手順
メリットやデメリットを解説!

キーワード インフラ強化, コスト削減, 業務効率化
導入サービス・製品 ビッグローブ光
【法人向け】失敗しない光回線乗り換え術 メリットや手順をわかりやすく解説!

テレワークが普及し、光回線の重要性が高まっています。「テレビ会議をしているときに、接続が不安定になって会話が聞き取りづらかったり、固まったりする」このような経験をしたことがあるという方も少なくないでしょう。こうした不便な点は、光回線の乗り換えで解消できることもあります。この記事では、光回線を乗り換えた場合のメリットや、実際の手順についてご紹介します。

目次
光回線乗り換えのメリット
光回線乗り換えのデメリット
乗り換え先の光回線を選ぶ基準
カンタン!光回線乗り換えの手順
光回線の乗り換え先におすすめ 法人向けビッグローブ光

光回線乗り換えのメリット

メリット① 光回線ならスイスイ快適

現在、光回線でよく使われてるIPv4接続(PPPoE方式)は、利用者も多く近年の通信量の増加により回線が混雑しています。通信速度の快適さを求めるなら混雑を避けて快適な通信ができる次世代ネットワークのIPv6接続(IPoE方式)に対応した光回線を選ぶのがおすすめです。
> 仕事で使う光回線が快適になるIPv6(IPoE方式)接続とは?

メリット② 乗り換えでコスト削減にも

光回線の一般的な相場は、ファミリータイプ(一戸建て、オフィスビル、商業ビル)で約5,000円/月~8,000円/月、マンションタイプで約4,000円/月~8,000円/月です。
光回線の乗り換えで料金が安くなる場合もあり、例えばビッグローブの法人のお客さまで一番多い「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ(一戸建て・商業ビル・オフィスビル向け)」を利用している方が法人向けビッグローブ光に乗り換えると月額費用が320円(税別)安くなります。
さらに特典適用時は月額費用が620円(税別)安くなり、年間では7,440円(税別)のコスト削減ができます。

  • 2021年6月1日時点の料金です。申し込みのタイミングによっては料金はこの限りではありません。

光回線乗り換えのデメリット

デメリット① 光回線の違約金が発生する

ほとんどの光回線には、「継続して利用しなければならない期間」が定められており、その期間内に解約すると違約金が発生します。例えば、法人向けビッグローブ光は2年の定期利用期間があり、定期利用期間の最終月+その後2カ月以外に解約した場合9,500円(不課税)の違約金が発生します。光回線の乗り換えの際は更新タイミングを確認しておきましょう。

デメリット② 光回線工事費の残債が一括請求される

光回線の乗り換え時には、「工事費の未払い」がないかを確認しましょう。回線工事費を分割払いにし支払いが終わっていない場合、解約時に残りの回線工事費用を支払う必要があります。

デメリット③ プロバイダメールが使えなくなる可能性も

光回線の乗り換えとともにプロバイダを変更すると今まで使用していたメールアドレスが使えなくなります。解決策として、別途料金を支払い「メールアドレスだけを残すオプション」を契約し続ける方法があります。メールアドレスを変えたくない場合は、乗り換える前にご利用中のプロバイダから「メールアドレスだけを残すオプション」がないか確認しましょう。

乗り換え先の光回線を選ぶ基準

乗り換え先の光回線をどうやって選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。光回線を選ぶ基準として大きく2つあります。

その① 月額料金がお得になるか
乗り換え時には月額料金がお得になることが多い光コラボがオススメです。光コラボでは事業者が独自のサービスを付帯したり、値引きをしておりお得に光回線を利用できます。例えば、法人向けビッグローブ光では乗り換えの方なら特典適用で月額料金が最大300円お得になります。
> 月額料金がお得になる「光コラボ」とは?

  • 2021年6月1日時点の料金です。申し込みのタイミングによっては料金はこの限りではありません。

その② 法人向けにサービスが提供されているか否か
インターネット回線を選択する際、法人向けに提供されているか否かも大きなポイントです。法人向けのサービスを利用すれば、法人向けの豊富なオプションメニューが利用できるなどのメリットがあります。

カンタン!光回線乗り換えの手順

光回線の乗り換えはそれほど難しくありません。すでに光回線を引いている場合は、「光コラボ」の申し込みをするだけで完了です。光コラボとは、NTT東西の光回線を借り受けた事業者が光回線を提供するサービスです。乗り換えでインターネットが使えない期間がなく、一部の場合を除き工事の必要がありません。

カンタン!光回線乗り換えの手順

①申し込み
申し込みは、各事業者へ電話かWebで行ないます。現在NTT東西の光回線を使っている場合はNTT東西から「転用承諾番号」を発行してもらってください。
コラボ光からコラボ光への乗り換えの際には、お使いの事業者に問い合わせて「事業者変更承諾番号」を払い出してもらう必要があります(転用承諾番号・事業者変更承諾番号には発行日から15日間の有効期限があります)。

②機器の接続
乗り換え先の光コラボから届いた書類を見ながら、回線の接続設定を行えばインターネットが利用できます。光回線の切り替えは光回線の事業者間で行われるため、一部の場合を除き工事の必要がありません。

乗り換え先におすすめの光回線

法人向け光回線の乗り換えをご検討の方におすすめなのが法人向けビッグローブ光です。法人向けビッグローブ光には「IPv6(IPoE方式)接続」「シンプルな料金」「法人専用窓口での安心サポート」と3つの大きな特長があります。これらの特長は、光回線の乗り換えを検討する際には、必ず着目したい点です。詳細を見ていきましょう。

①IPv6接続(IPoE方式)で快適通信
これまで使われていたIPv4(PPPoE方式)は、光回線利用者の増加に伴い、利用者が多い時間帯や地域ではデータトラフィックが混雑し、回線速度が低下しがちでした。
その点、法人向けビッグローブ光は、IPv6接続(IPoE方式)を採用しているため、PPPoE方式では混雑している時間帯や地域であっても回線速度が低下せず、快適な通信を実現します。
さらに、法人向けビッグローブ光は現在、IPv6対応ルータを特典でプレゼントしているので、初期費用を抑えながらIPoE方式を導入できます。

②シンプルな料金
法人向けビッグローブ光は、プロバイダ料金と光回線の料金を含めたシンプルな料金体系です。Webで押印のある見積書が発行できます。是非ご利用ください。
> Webでカンタン見積書発行

ファミリータイプ
(一戸建て・商業ビル・オフィスビル)

特典適用*1により毎月300円値引き
ずっと4,880円(税別)/月

マンションタイプ
(集合住宅)

特典適用*1により毎月200円値引き
ずっと3,880円(税別)/月

  • 1 他社プロバイダでフレッツ光をご利用の方が、転用申し込みをされた場合の特典料金です。今後法人向けビッグローブ光の月額料金が上記特典料金より安くなる場合は変更後の月額料金よりファミリータイプは300円/月値引き、マンションタイプは200円/月値引きします。
  • NTT東日本のフレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ/ギガマンション・スマートタイプに相当する回線をご利用の場合、別途機器利用料500円(税別)/月がかかります。

③法人専用窓口での安心サポート
25年以上のプロバイダ歴を持つビッグローブでは、豊富な実績をもとにしたノウハウを活かし、法人専用の窓口でお客さまをしっかりサポートします。電話に加えて問い合わせフォームやチャットでも問い合わせることができます。
もし、ルータやパソコンの設定に不安があるときは、初回限定でオフィスやテナントに訪問して接続設定をサポートする訪問サポートの特典を利用するのもおすすめです。回線終端装置からパソコンへの接続、無線LANルータの設置などもサポートしているので、設定が難しいと感じている方でも安心です。

光回線乗り換え術のまとめ

光回線へ乗り換えで通信回線の改善やプロバイダ料金を現状より安く抑えられる場合があります。一部の場合を除き工事不要で乗り換えも簡単です。光回線に乗り換える際のポイントは、いくつかありますが、IPv4(PPPoE方式)ではなく、通信速度が安定しやすいIPv6接続(IPoE方式)の光回線を選ぶのがおすすめです。法人向けビッグローブ光は、IPv6接続(IPoE方式)であるほか、シンプルな料金や手厚いサポートが魅力です。

オンライン会議で快適で安定したインターネット環境を望む方は法人向けビッグローブ光の導入を検討してみてはいかがでしょうか

ビッグローブ 法人編集部