コラム・活用事例これからの店舗集客に欠かせない
いま注目のMEO対策とは?

キーワード 集客・販促
導入サービス・製品 店舗マップ管理

MEO(Map Engine Optimization)とは

「これから飲みに行くので、近くにいい焼鳥屋はないかな」
「仕事中に歯の詰め物がとれた、近くに歯医者はないかな」

こんなとき、スマートフォンで「渋谷 焼鳥」や「赤坂 歯科医」といった「地名+キーワード」で検索してお店や施設を探すのがお店探しの定番になりました。このような地域に関連性のあるキーワードで検索することを「ローカル検索」と呼びます。

特定のキーワード検索で上位に表示させる取り組みをSEO(Search Engine Optimization)といいますが、ローカル検索でGoogle マップの上位に表示させる取り組みのことをMEO(Map Engine Optimization)と呼びます。

スマートフォンの画面でMEO(Map Engine Optimization)とローカルパックの表示される箇所

ローカル検索は検索結果の画面上部にGoogle マップの地図とともに3件表示されます。この検索情報はローカルパックと呼ばれ、少しでも掲載順位を上げることがMEO対策の目的です。

MEO対策がなぜ必要なのか

スマートフォンの普及によるユーザの行動変化

スマートフォンを操作する人達

スマートフォンの普及により、外出先で飲食店や施設を検索することが当たり前になりました。今後、ローカル検索への対応が集客率を大きく左右する要素になります。MEO対策で自店舗をGoogle マップの上位に表示し、ファーストビュー(検索画面の一番最初に表示される画面)に表示することができれば、高い集客力が期待できます。スマートフォンであればそのままま検索結果から電話がかけられるので、予約が増えるかもしれません。MEO対策はこれからの時代に必要な重要なマーケティング戦略のひとつとなります。

Googleがローカル検索を重視している

ユーザの行動変化に合わせ、Googleは「ヴェニスアップデート」という検索のアルゴリズム(検索されたキーワードに対してWebページに表示させる仕組み)のアップデートを行いました。これは「今から〇〇を食べに行きたい」「近くの〇〇に行きたい」といったローカル検索が増加したことに対応したアップデートでした。Googleは、地域名のキーワードなしでも、検索した場所に近いお店や施設を検索結果に優先的に表示するようになりました。

ポータルサイトの費用対効果の低下

飲食業界、ホテル業界、美容業界はポータルサイトからの集客が定番です。しかし、登録をしている競合店舗や施設が多いため、比較検討される機会も多く、費用対効果が合わずに効率的に集客できない場合があります。ポータルサイトで優先的に上位に表示させるためには10万円以上の掲載料がかかるプランもあります。

MEO対策のメリット

目立つ場所に表示ができる

MEOとSEOが表示されるエリアの紹介

ローカル検索は通常の自然検索の結果より上位に表示されます。文章だけではなく写真とマップ上にマークされた状態で表示されるので視認性も高く目立ちます。3店舗しか表示されないので、目にとまる機会も増えクリック率も高まります。3位以内に入れば3位以下の店舗や施設に圧倒的な差をつけられます。これはパソコンの検索結果だけではなく、スマートフォンでも同様です。実店舗をもつビジネスおいてMEO対策は有効な集客方法です。

低いコストなので導入のハードルが低い

MEO対策は実店舗の存在が前提条件ですが、自社サイトの運営やポータルサイトの登録に費用をかけられない企業はMEO対策が適しています。MEO対策は小規模な店舗でもあまり費用をかけることなく、効果的な集客を期待することができます。Google マイビジネスだけの登録であれば無料で始められます。

見込み客の可能性が高い

MEO対策は「地域+キーワード」でローカル検索をする人やスマホで検索する人をターゲットにしています。こういう検索をする人の特徴は「近くの○○に行きたい」「今すぐ〇〇したい」と目的がはっきりと決まってます。店舗や施設に行く前提で検索しているので、ユーザの意欲や動機も高く、MEO対策をすることで近くにいる見込み客を集客できる可能性が高まります。

MEO対策の始め方とは?
まずはGoogle マイビジネスの登録

Google マイビジネス

ローカル検索の結果で上位に表示されるのはWebサイトではありません。地図とその下に3つの店舗と施設情報が表示されます。この情報はGoogleが提供する無料ツールである「Google マイビジネス」で登録すると表示されるものです。つまりMEOは、「Webサイトではなく、Google マップと連動したGoogle マイビジネスの検索順位を高めるための取り組み」ということになりますので、まずはGoogleマイビジネスへの登録が前提となります。手順は以下の通りです。

1.Google アカウントを作る
2.Google マイビジネスにアクセスしてログインし、情報を入力していく
3.オーナー確認の手続き
4.店舗などの詳細情報を登録

Google マイビジネスは、Google側で自動的に作成されている場合があります。確かめるには、自分の店舗名などで検索してみましょう。パソコンで検索した時に、検索結果の右側に店舗情報が表示されます。「このビジネスのオーナーですか?」と表示されていたら、クリックしてオーナー確認の手続きから進めます。

登録する情報には、店舗の住所や市外局番を含む電話番号などがあります。MEOが可能なビジネスは特定の住所があることが前提なので、実店舗がないと登録ができません。

Google マイビジネスの登録情報と
ローカル検索の掲載順位の関係

ローカル検索結果の順位を決める要素として、Googleは以下の3つを公表しています。

関連性

検索キーワードとGoogle マイビジネスの情報の関連性が強いほど、高く評価されます。

距離

検索キーワードで指定された場所からの距離が近いほど高く評価されます。検索キーワードで場所が指定されていない場合は、ユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度

Web上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)が知名度に影響しますが、オフラインでの知名度も加味して評価しています。例えば、著名な美術館やホテルなどは上位に表示されやすくなります。

ローカル検索の掲載順位を決める3つの要素のうち、「距離」は対策のしようがありませんが、「関連性」と「知名度」については最適化が可能です。関連性についてGoogleは、「充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティング(Google マイビジネスの情報)と検索結果との関連性を高めることができます。」としています。知名度については、「Googleでのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。」としています。

MEO対策で上位表示を目指すには

正確な情報を「統一して」登録

店舗名や会社名、住所などは同じ項目を指していても、異なる表記で登録してしまう可能性があるため、「NAP情報」を統一することが重要です。NAPとは名前(Name)、住所(Address)、電話番号(Phone)のことで、表記が統一されていないと検索エンジンは同じ情報だと認識しません。「株式会社」とするか「(株)」とするか、数字の全角半角、ハイフンを入れるかなど、すべての表記を統一しましょう。表記による違いをなくし、統一された情報が登録されていれば、Googleが同じ項目の情報だと認識しやすくなります。

登録する写真を充実させる

株式会社to ALLのサービス導入前と導入後の検索画面

Google マイビジネスには写真も掲載できますが、登録しておかないと近くの無関係な写真が表示されてしまうことがあります。また、どの写真をどの順番で表示するかは指定できないので、お店の外観や商品など、自店舗の魅力が伝わる「見栄えの良い写真」か「特に主張したい写真」をできるだけ多く登録しましょう。Googleストリートビューを登録しておくのもおすすめです。

クチコミの返信・評価

Google マイビジネスには、お客さまがクチコミを投稿することができ、このクチコミが掲載順位に関係します。良い口コミがあれば評価が高くなり、ユーザに安心感を与えることができますが、悪いクチコミがつくこともあります。感情的な投稿や投稿の無視は、クチコミを投稿したお客さまだけではなく無関係の人にも不快感を与えてしまいます。しかし、そんなクチコミにも誠実な対応をすれば他のお客さまからの好感度も上がるかもしれません。クチコミに返信することによってコミュニケーションが活発になると、知名度が上がったと判断され、Google マップで上位表示が期待できます。

MEO対策はインターネット上のすべての情報を
正確に発信し、充実させることが重要

Googleの検索ロボットはインターネット上の情報を常に収集しています。Google マイビジネスの登録情報だけではなく、FacebookやInstagramなど各SNSで正確な情報を「統一して」掲載されていることが重要です。SNSでシェアされている店舗は、知名度が高いと判断され、検索結果上位に表示される可能性も高まります。シェアされることは、“ユーザにとってそれだけ役に立つ”と検索ロボットが判断するので、Googleマップで上位に表示されます。MEO対策で掲載順位を上げる確率を高めるためには、インターネット上に掲載されているすべての店舗情報を正しく登録し、充実させる必要があります。

20以上の地図サービス・SNSに対応
クチコミの閲覧・返信も一元管理
MEO対策は「BIGLOBE店舗マップ管理」

スマートフォンの地図サービスやSNSでお店を探すことが定番になってきました。「BIGLOBE店舗マップ管理」は、インターネット上の地図サービスやSNSに点在する店舗情報を正しく管理し、MEO対策を支援するサービスです。20以上の地図サービス・SNSに対応し、管理画面から店舗情報を一元管理することができます。クチコミの閲覧・返信も一元管理できるプランもあります。中国人観光客が普段から利用しているBaidu Mapsにも対応しているので中国インバウンド対策にも対応できます。お客さまに伝えたい正しい情報を発信し、Google検索の上位表示から集客と売り上げを拡大しませんか。

  • 2019年12月19日時点の情報です。

ビッグローブ 法人編集部

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

BIGLOBE店舗マップ管理に関するお問い合わせをこちらで承っております。ご利用中の方のご質問もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。