コラム・活用事例MEOの仕組みや対策方法とは?

キーワード 集客・販促
導入サービス・製品 店舗マップ管理

MEO(Map Engine Optimization)とは

「これから飲みに行くので、近くにいい焼鳥屋はないかな」
「仕事中に歯の詰め物がとれた、近くに歯医者はないかな」

こんなとき、スマホで「渋谷 焼鳥屋」や「赤坂 歯科医院」といった「地名+キーワード」で検索してお店や施設を探すのがお店探しの定番になってきました。その場合、Googleはその地域のお店や施設を検索結果に表示します。これをローカル検索といいます。ローカル検索をする人は、店側からすると来店が期待できる「見込み顧客」です。顧客の来店や来院を増やすためにも、企業側はぜひとも検索結果の上位に自社の情報を表示させたいと考えるでしょう。

スマートフォンの地図検索でお店をさがす人

特定のキーワード検索で上位表示させる取り組みをSEO(Search Engine Optimization)といいますが、地図アプリで地域にひも付いたローカル検索の場合は、通常のSEOとは異なる対策が必要になります。これを、MEO(Map Engine Optimization)といいます。または、ローカルSEOという言葉を使うこともあります。

実店舗があるなら、その店舗のお客さんが増えて売り上げが増えることが目的であって、Webサイトに来てもらっただけではビジネスの目的を達していません。もちろん企業の公式サイトから店舗リストをたどり、近くの店舗の場所や電話番号を探すという行動をとることもありますし、Webで予約が可能という場合もあるでしょう。しかし、「今すぐ行きたい」「近くのお店の場所や行き方が知りたい」と考えているお客さまをターゲットとした場合、必ずしもWebサイトを経由する必要はないのです。

ローカル検索の結果が表示される条件とは

上記で述べた地名と組み合わせた検索だけがローカル検索ではありません。ローカル検索の結果が表示される検索には、主に以下のようなものがあります。

・「地名+キーワード」で検索
・地図アプリで検索
・地域や場所に影響を受けやすいキーワードの検索

スマホや最近のパソコンにはGPSが搭載されていますので、地名を入れなくても特定のキーワードではローカル検索として地図と連動した結果が表示されます。「地域や場所に影響を受けやすいキーワードの検索」としては、例えば以下のようなものがあります。

・飲食店
・医療施設
・教育関連施設(学校、博物館など)
・宿泊施設
・地域に密着する店舗(美容室、クリーニング店など)
・地域で緊急対応が必要な業種(住宅や車の修理など)
・士業(弁護士や税理士など)

ローカル検索の結果は検索結果の上部にGoogleマップの地図とともに3件、表示されます。この検索情報はローカルパックと呼ばれ、現状表示されるのは3件に限られるので、上位3件に入るように最適化するのがMEOの目的です。

その他、会社名などを検索したときに検索結果の右側に詳しい情報が出ますが、これをナレッジパネルといいます。これもGoogle マイビジネスの情報からGoogleが自動生成しているもので、店舗などの場合は営業時間や混雑する時間帯など、詳しい情報が表示されます。

どのようにして掲載順位が決まる?

ローカル検索結果の掲載順位を決める要素として、Googleは以下の3つを公表しています。

関連性

検索キーワードとGoogle マイビジネスの情報の関連性が強いほど、高く評価されます。

距離

検索キーワードで指定された場所からの距離が近いほど高く評価されます。検索キーワードで場所が指定されていない場合は、ユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度

Web上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)が知名度に影響しますが、オフラインでの知名度も加味して評価しています。例えば、著名な美術館やホテルなどは上位に表示されやすくなります。

MEO対策のために必要なこと

Google マイビジネス

Google マイビジネスの登録

ローカル検索の結果で上位に表示されるのはWebサイトではありません。地図とその下に3つの店舗と施設情報が表示されます。この情報はGoogleが提供する無料ツールである「Google マイビジネス」で登録すると表示されるものです。つまりMEOは、「Webサイトではなく、Google マップと連動したGoogle マイビジネスの検索順位を高めるための取り組み」ということになりますので、まずはGoogleマイビジネスへの登録が前提となります。手順は以下の通りです。

1.Google アカウントを作る
2.Google マイビジネスにアクセスしてログインし、情報を入力していく
3.オーナー確認の手続き
4.店舗などの詳細情報を登録

Google マイビジネスは、Google側で自動的に作成されている場合があります。確かめるには、自分の店舗名などで検索してみましょう。ナレッジパネルが表示され、「このビジネスのオーナーですか?」と表示されていたら、クリックしてオーナー確認の手続きから進めます。

登録する情報には、店舗の住所や市外局番を含む電話番号などがあります。MEOが可能なビジネスは特定の住所があることが前提なので、実店舗がないと登録ができません。

MEOの対策方法

ローカル検索の掲載順位を決める3つの要素のうち、「距離」は対策のしようがありませんが、「関連性」と「知名度」については最適化が可能です。関連性についてGoogleは、「充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティング(Google マイビジネスの情報)と検索結果との関連性を高めることができます。」としています。また知名度については、「Googleでのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。」としています。そこで、主な対策方法としては、以下のようなことが考えられます。

Google マイビジネスの登録情報を充実させる

株式会社to ALLのサービス導入前と導入後の検索画面

Google マイビジネスには写真も掲載できますが、登録しておかないと近くの無関係な写真が表示されてしまうこともあります。また、どの写真をどの順番で表示するかは指定できないので、お店の外観や商品など、ビジネスをイメージできる「良い写真」を複数枚登録しておきましょう。

また、細かいことですがNAP情報を統一するのも重要です。NAPとは名前(Name)、住所(Address)、電話番号(Phone)のことで、表記が統一されていないと検索エンジンは同じ情報だと認識しません。「株式会社」とするか「(株)」とするか、数字の全角半角、ハイフンを入れるかなど、Webサイトすべてで表記を統一しましょう。

お客さまとコミュニケーションをとる

Google マイビジネスには、お客さまが口コミを投稿することができます。良い口コミがあれば評価が高くなりますが、悪い口コミがつくこともあるでしょう。「店員の接客態度が悪かった」「料理が運ばれてくるのに30分もかかった」などの口コミが投稿された際に感情的な議論や無視は、口コミを投稿したお客さまだけではなく無関係の人にも不快感を与えてしまいます。そのときには誠実に対応することが重要になります。また、悪意のある不適切な口コミの場合は、Googleのポリシーに違反していれば削除してもらえます。

MEO対策をして優良顧客を獲得

実店舗がある企業なら来店してもらうことが目的です。そのために必要な情報がローカル検索で表示されるように、Google マイビジネスの情報を充実させておく必要があります。また、実際に企業の公式サイトに来てくれるお客さまは、その企業やサービスについてさらに詳しく知りたいと思っている優良顧客候補です。ローカル検索はスマートフォンを利用している場合が多いので、企業の公式サイトではモバイル対応も重要になります。さまざまなMEO対策を適切に行って、集客増加から売り上げ向上を目指しましょう。

MEO対策は「BIGLOBE店舗マップ管理」

Google マップやFacebookなどスマートフォンの地図アプリやSNSでお店を探す人が増えています。「BIGLOBE店舗マップ管理」は、インターネット上の地図アプリやSNSに点在するお店や施設の情報を一元管理できるサービスです。20以上の地図・SNS(パブリッシャー)に対応しています。お客さまに伝えたい正しい情報を発信して集客と売上を拡大しませんか。

  • 2019年9月2日時点の情報です。

お問い合わせやお見積もりはお気軽に

BIGLOBE店舗マップ管理に関するお問い合わせをこちらで承っております。ご利用中の方のご質問もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。