コラム・活用事例Surface法人モデルと格安SIMの活用方法

キーワード
業務効率化

Surfaceとは?

Surface(サーフェス)とは、Microsoftが開発したWindows OS搭載のタブレット端末のことです。タブレットに別売りのタイプカバーを装着することでノートパソコンのように使用することができます。

社外でタブレットやノートパソコンを使用して仕事をする機会がある方は多いですが、Surfaceはプレゼンの時はタブレットとして使用でき、キーボートとして利用するタイプカバーを装着すればパソコンとしてMicrosoft Office製品を使いこなすことができます。ノートパソコンより重量が軽いので持ち運びにも便利と、外出の多いビジネスパーソンから注目が集まっています。

また、社内システムとの互換性の高いWindows OS搭載のタブレットは少しずつ普及が進んできているものの、ビジネスニーズのある10インチ程度のタブレットはまだまだ少ないため、10インチ以上の画面サイズを持つSurfaceが人気があるのです。

SIMフリー端末 Surface 3
法人向けモデルと個人向けモデルの違い

Surfaceの中でも「Surface 3」は、SIMカードを挿してLTE通信のできるSIMフリー端末として注目を集めています。Surface 3には、法人向けモデルと個人向けモデルの2つがあります。法人向けモデルはOfficeアプリケーションが搭載されていないなど、個人向けモデルと異なる点があります。

Officeアプリケーションは個人向けモデルのみ搭載

個人モデルには、Officeアプリケーションが最初から搭載されていますが、法人モデルには搭載されていません。その分、法人モデルの方が安い価格設定になっています。法人モデルを購入する際は、ニーズに合わせてアプリケーションを別途購入する必要があります。

法人向けモデルにはWi-Fiモデルもある

Surface 3のLTEモデルが、世界に先駆けて日本で発売されたことは、大きな注目を集めました。個人モデル・法人モデルのどちらにも、LTEモデルがあります。LTEモデルはLTE通信だけでなく、Wi-Fi環境でも使用できます。そして法人向けには、Wi-Fi環境のみで使用できるWi-Fiモデルも存在します。

Surface 3法人向けモデルと格安SIMを
ビジネスで活用する

Surface 3はSIMカードを挿してすぐに利用できるため、モバイルルータを別で持つ必要がなく、外出や出張の多いビジネスパーソンにおすすめの端末です。ルータとの接続準備やスマホとのテザリングの準備などの手間を省くことができます。

法人向けモデルはMicrosoftとSurface取り扱いに関する契約を締結した「認定リセラー」でのみ購入ができます。SIMフリー端末なので月額料金の安い格安SIMと一緒に利用するユーザが増えています。SIMカードはどこのキャリア、MVNOのSIMカードでも利用できます。

Surface 3は現在は製造を終了していますが、すでにLTEモデルをお持ちの方には格安SIMと一緒にSurface 3を利用することで費用を抑えることが可能です。
Surfaceの新LTEモデルは、2017年秋頃に追加される予定です。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

BIGLOBEが提供するMVNO「法人向け格安SIM・スマホ」のサービス詳細や利用料金をていねいにご案内いたします。10回線以上のお申し込みをご検討中の方、一度に5台以上の端末を購入される方でアシストパックのご利用を希望される方もまずはご連絡ください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時~12時、13時~17時[通話料無料])

  • お見積り書はWebで発行できます。料金シミュレーションとしてもご利用いただけます。
  • M2M・IoTに関するお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。